Hondaサポーターの長〜いつぶやき

アマチュアサッカーチームのHondaFCのサポーターである僕が試合を観て思った事を書きます。ちなみに、1999年からHondaFCの試合見てます

18.ヴィアティン三重戦

10月15日に都田サッカー場にてJFLセカンドステージ第11節 HondaFC-ヴィアティン三重戦が行われました。ヴェルスパ大分、マルヤス岡崎に2試合連続で引き分け流れを断ち切りたいHondaは日高のゴール、古橋のPKで2-0で勝利しました


f:id:HondaFC:20171016093340j:plain

f:id:HondaFC:20171016093409j:plain

この日のスタメン

GK楠本

DF川嶋、鈴木、富田、日高

MF松本、栗本、土屋、佐々木

FW古橋、遠野

ベンチ清水谷、三浦、柴田、細貝、大町、久野、宮内


でした。試合が始まると北野選手、藤牧選手を中心にカウンターを狙うヴィアティンに対し、ピッチを広く使い両サイドから同じくカウンターを中心に攻めるHonda。ヴィアティンは守備時に戻るのが速くHondaは上手くカウンターをさせてもらえません。右サイドの富田、FWの古橋が下がってパス交換を行って相手を崩していきます。ヴィアティンは後ろの方でボールを奪うと前線に蹴り出してカウンター、3対3の状況を作り出されますが北野選手のシュートは枠を捉えることはできません。Hondaは日高、栗本が積極的にゴールを狙いますが枠を捉えることはできません。鈴木も前に上がってシュートを狙いますがキーパーの好セーブによって阻まれます。佐々木も中央に入っていってシュートしますがトーマスベッカー選手にブラックされてゴールには入りません。試合終了間際にピンチを招きましたが川嶋が相手に身体を当ててボールを奪い防ぎました。多くの時間でボールをキープして優位に試合を進めるも前半に得点を挙げることはできませんでした。シュートはHondaが12本、ヴィアティンが2本でした。


後半になるとヴィアティンに疲れが出始めたのか完全にHondaペースに

後半開始直後の5分に古橋→土屋と繋いだボールを日高が豪快にシュートしてゴール。1点先制します。その6分後の11分、遠野がドリブルで攻め込むと相手に倒されPK。このPKを古橋がきっちりと決め2-0。このまま三重を一気に崩して大量得点かと思いきや三重が守備の粘りを見せ得点はこのまま動かず。カウンターを狙いチャンスを作る三重でしたが、DF陣が丁寧な守りで大きなピンチを作らず無失点で試合を終えました

シュートはHondaが6本で計18本、三重が2本で計4本でした

f:id:HondaFC:20171025142010j:plain

f:id:HondaFC:20171025142112j:plain

総評 前半はチャンスを何度も作りましたが相手に上手く守られてしまってました。ですが、いつもより積極的にシュートを狙えた事はすごく良かったと思います。守備面でも大きなピンチを招く事なく安定した試合になったと思います。2位の八戸が敗れたので変わって2位に上がった青森との勝ち点差は4。完全優勝も見えて来ました。古橋選手の得点王も可能性は充分にあります


以上で終わります。今回は短くてすいません。最後までありがとうございました