Hondaサポーターの長〜いつぶやき

アマチュアサッカーチームのHondaFCのサポーターである僕が試合を観て思った事を書きます。ちなみに、1999年からHondaFCの試合見てます

28.ヴェルスパ大分戦

お久しぶりです。7月15日にJFLセカンドステージ第2節HondaFC-ヴェルスパ大分戦が都田サッカー場で行われました

ヴェルスパ大分とは通算対戦成績が4勝4敗5分でHondaとしてはかなり珍しい成績です。守りの堅い大分から点を取れず、カウンターで失点というのが昔から変わらないパターンです。また、本日よりナイターゲームです

f:id:HondaFC:20180716160539j:plain

f:id:HondaFC:20180716160558j:plain

f:id:HondaFC:20180716160619j:plain

試合前には募金も行われました。また、Honda FCは今回の試合の売上金の一部を寄付すると公式ついたで発表していました

HondaFCの選手は喪章を付けてプレーしました。そして、試合前には黙祷が捧げられました。

今回の大雨で被害を受けられた方、被災された方にお見舞い申し上げるとともに、亡くなられた方のご冥福を心からお祈りします。一日も早い復旧を心より願っています



本日のスタメン

GK 楠本祐規

DF  三浦誠史、鈴木雄也、日高大、池松大騎

MF 富田湧也、細貝竜太、石田和希、栗本広輝、遠野大弥

FW 児玉怜音

ベンチ 清水谷侑樹、川嶋正之、清水航輔、佐々木俊輝、土屋貴啓、原田開、宮内啓汰

でした



試合が始まるとHondaがボールを持つ展開。大分はかなり引いて守ります。ハーフラインを越えて少し出たところで一人選手が来るといった感じです。Hondaは両サイド、中央から崩しにかかりますが、シュートまで持っていくことはできません。大分はボールを取ると左サイドからのカウンターでチャンスを作ろうとしますがHondaの安定感のある守備でチャンスすら作らせません。前半7分、左サイド日高のアーリー気味のクロスを児玉が見事なポストプレーで落としてフリーの富田がシュート。一度はキーパーの足に当たるも、しっかりと富田がもう一度シュートし、先制点。児玉の高さが上手く活きた先制点でした。勢いに乗るHondaは右サイドから、三浦のゴロのロングスローを栗本が受けてミドルシュート。狙いすまされたシュートでしたがわずかに左上で得点とはなりません。16分、右サイドのコーナーキックを得ると石田が低く鋭いボールを蹴り、池松が足で合わせて2点目、前半の早い時間から追加点を挙げることに成功します。これで守り固めていた大分も前に出るかと思いきや、これ以上失点してはいけないとばかりにさらに守りを固めます。Hondaは大人数で前がかりに攻めますがゴール前に持ち込むことすら難しい状況でした。そんな中、大分のカウンター。左サイド(Hondaから見て右サイド)の守備がいないところをドリブル突破されますが富田が必死で戻ってなんとか耐えます。Hondaは遠野の左足のミドルシュート、鈴木のミドルシュートなど遠目から積極的に狙っていきますが、遠野は枠をわずかに捉えられず、鈴木はキーパーの真正面と得点には結びつきません。前半は2点取ったもののその後は堅い守備に阻まれて得点2-0でした。シュートはHondaが8本、大分が2本でした


後半になると大分は攻めに転じてきます。後半始まってすぐ、Hondaの守備が崩されて相手がシュート。このシュートはポストに救われます。後半は左サイドの日高を中心に攻めを組み立てます。日高が栗本との連携で相手を崩しスピードのあるドリブルからクロス。これを何度も行いますがあと1歩が上手くいかず得点は挙げられません。遠野がミドルシュートを放つなどしますがキーパーの好セーブに阻まれてしまいます。後半の30分頃から疲れが出始めたのか大分は守りの選手と攻撃の選手の間に隙間ができてしまいます。その隙を突いてHondaが攻め上がります。80分にコーナーキックを得たHondaは、栗本のキックを児玉が頭に当てて遠野が足に当てゴール。3-0とします。86分には細貝に代わって清水がJFL初出場。試合はこのまま終わり3-0。シュートはHondaが9本で計17本、大分が3本で計5本でした

f:id:HondaFC:20180716165728j:plain

f:id:HondaFC:20180716165748j:plain


個人的総評

早い時間で点が取れたのは良かったと思います。守備もそれなりに安定感がありました。しかし、マークをあまりつけないようなプランだったのか、フリーになられてしまう場面が時折ありました。ですが、無失点で勝てたのはすごく良かったと思います。得点は児玉の高さがかなりいきていて良かったです。普段なら、大分に対して(どの守備的なチームに対しても)遠目からシュートをあまり打たなかったのですが、この試合は積極的にミドルシュートがうてていてよかったと思います個人的なMOMは日高選手です。左サイドを完全に自分のものにしていました。1点目も日高のクロスから始まりましたし、得点には結びつきませんでしたが惜しいクロスを何本もあげていました。 



次回のHondaFCの試合は7月21日(土)都田サッカー場 18:00 流経大ドラゴンズ龍ヶ崎戦です


今後の予定

7月29日(日)ならでんフィールド 14:00 奈良クラブ


約1ヶ月の中断期間


8月26日(日)都田サッカー場 17:00 FC大阪戦です。

18時ではなく17時なのでお間違えのないようにお気をつけください



そして、中断期間の間にはJFLカンボジア遠征が行われます。JFL選抜チームに清水谷侑樹、池松大騎がHondaFCより選出されました



第2節終了時で2連勝チームは3チームのみ。Honda、ソニー、八戸です。まだ、順位どうこうといった試合数ではないですが、Hondaが得失点差+5で単独首位に立っています。



今回のブログは以上です。暑いので熱中症にお気をつけ下さい。最後までありがとうございました