Hondaサポーターの長〜いつぶやき

アマチュアサッカーチームのHondaFCのサポーターである僕が試合を観て思った事を書きます。ちなみに、1999年からHondaFCの試合見てます

21.ヴィアティン三重戦

お久しぶりです。本日はJFL第3節ヴィアティン三重戦でした。前節はヴェルスパ大分とアウェイで試合をして5-1で勝利しました。本日はヴィアティン三重のマスコット、ヴィアくんも来てくれました

f:id:HondaFC:20180324171226j:plain

試合前には古橋達弥選手が前節達成したJFL通算200試合出場のセレモニーが行われました。今後のさらなる試合出場、ゴールを期待します

f:id:HondaFC:20180324171302j:plain

本日のスタメン

f:id:HondaFC:20180324171526j:plain

f:id:HondaFC:20180324171653j:plain

f:id:HondaFC:20180324171709j:plain

GK20楠本祐規

DF4富田湧也、5鈴木雄也、6日高大、13池松大騎

MF7松本和樹、8栗本広輝、9大町将梧、10古橋達弥、24佐々木俊輝

FW18児玉怜音

ベンチ1清水谷侑樹、2川嶋正之、19八戸雄太、14渡邊大地、15原田開、17宮内啓汰、26遠野大弥

でした。ルーキーの児玉怜音が初スタメンになりました

1枚目の画像で分かるように沢山のヴィアティン三重のサポーターの方も沢山都田にいらっしゃってました

試合が始まると、Hondaがボールを持つものの三重の前線の早いプレスに押されてパスを前に出すことは上手くできません。三重は前線の選手にプレスをさせて後の選手は引いて守っていたように見えました。三重はボールを持つと左サイドの道上選手に向けてオフサイドラインの絶妙なタイミングを狙って左サイドから攻撃を組み立てていました。Hondaはボールを持つと児玉を狙ってロングパスを出して児玉が頭で古橋に落とすという攻撃と、いつも通りのパス中心で佐々木、富田の右サイドを使って攻める攻撃など色々なパターンの攻撃をしていました。前半10分ごろ、ペナルティーエリアの少し外にこぼれた球に富田が反応しミドルシュートを打ちますが僅かに枠の上でゴールとはなりません。前半18分にHondaは栗本がペナルティーエリアの少し外までドリブルで持ち込み、ミドルシュートを打つと見せかけて大町にパス。大町が古橋にパス。そのパスを足の甲で少し浮かせて古橋から栗本へ。中央に走りこんで左足でトラップをし栗本がシュート。これが決まりHondaが先制1-0とします。1点入り試合はHondaムード。直後の21分、ビルドアップした鈴木のパスを松本が受け再び鈴木にパス。鈴木が右にいた佐々木に預けて佐々木がドリブルで持ち込みシュート。これが決まり2-0。佐々木が持ち味のドリブルを生かしてホーム2試合連続の得点。その後5分ほどはHondaペースで進むもポストに当たったりと得点できず。その間に三重が立て直して試合開始直後にしていた早いプレスを再びする。それ以降は三重の攻撃に押され気味でした。池松が長い足を生かしてパスをカットしたり、キーパーと1対1の大ピンチを楠本がセーブしたりとピンチを招くも無失点に抑えました。前半はこのまま終了して2-0。シュートはHondaが5本。三重が2本でした。


後半始まってすぐHondaは波状攻撃を仕掛けますがあと1本のパスが通らずに得点を挙げることは出来ません。後半は膠着状態が続きもどかしい展開でした。Hondaも三重もやりたい事をやれてない、お互いにやらせてないといった感じに見えました。Hondaはコーナーキックを相手キーパーが弾いてそのこぼれ球を富田がミドルシュートで狙いますが相手キーパーの正面で止められてしまいました。なんとか打開したいHondaは73分に児玉怜音に代わって前節アウェイでゴールを決めている遠野を投入。遠野が入ったくらいからフォーメーションが大きく変わりました。遠野と古橋の2トップ、MF陣をサイドだったのを中央に重点を置いた感じで横並びのようなフォーメーションでした。81分に古橋から宮内啓汰に交代しました。残り10分を切ると三重ペースになりました。三重の攻撃を防いで攻撃に切り替えるもあまり上手くいかなかったように感じました。90分にペナルティーエリア付近で相手選手が持っていたボールを栗本が後ろから上手く奪ってドリブルでキーパーを引きつけて大町にパス。大町が決めて3-0。大町は開幕から3試合で連続得点を決めました。大町はこのゴールで交代。川嶋が投入されました。このまま試合は終わり、3-0。今シーズン初の無失点での勝利になりました。シュートはHondaが3本の計8本。三重も3本の計5本でした

f:id:HondaFC:20180324182758j:plain

f:id:HondaFC:20180324182631j:plain

f:id:HondaFC:20180324182823j:plain


個人的総評

今日は結果は今シーズン初の無失点で3点取れて良かったのですが、内容は微妙な展開に見えました。良かった時はすごく良かったのですがその時間が短く、間延びしてしまっていた感じでした。児玉はロングパスをしっかり収めることも出来ていたので良かったと思います。ヴィアティン三重のマスコット、ヴィアくんはとても陽気でファンサービス旺盛で、パッサーロとの息もピッタリでした。ヴィアティン三重のサポーターの皆さんは相変わらずの迫力があって素晴らしいかったです。また来年も都田に来てほしいです。

個人的なMVPは栗本広輝選手です。1ゴール1アシストの活躍でした。1点目のゴール、3点目のアシストはさすが栗本としか言いようがなかったと思います。3点目は背後からボールを奪うのが上手い(昨年のアウェイ栃木戦参照)栗本ならではだったと思います


次回のHondaFCの試合は4月1日(日)アウェイKIRISHIMAハイビスカス陸上競技場(13:00KO)で今シーズンよりJFLに参入したテゲバジャーロ宮崎との対戦です

ホームゲームは4月7日(土)ソニー仙台FC戦(13:00KO)です。JFLの門番同士の対戦で私が思うにJFLの中で一番白熱した戦いで負けても面白かったと思えるカードだと思います。是非みなさんお越しください



以上で終わります。最後まで読んでいただいてありがとうございました。



当ブログに外国語でコメントが書かれています。何かのセールスのリンクが貼られていますが特に押さない方が良いと思いますのでお気をつけ下さい。私は押してみましたが外国語が読めないのでなんのサイトかは分かりませんでした。