Hondaサポーターの長〜いつぶやき

アマチュアサッカーチームのHondaFCのサポーターである僕が試合を観て思った事を書きます。ちなみに、1999年からHondaFCの試合見てます

16.東京武蔵野シティFC戦

昨日8/26日に都田サッカー場で東京武蔵野シティとの試合が行われました。武蔵野との相性は非常に悪く、1点取ったら1点取り返されるし、3点取っても3点取り返されるチームです。そして、得点ランキング上位5名に石原選手、藤井選手が入っている非常に攻撃力のあるチームです。キーパーの飯塚選手の正確すぎるキックにも何度もやられて来ました

いつものように結果から。遠野、古橋などのゴールにより5-1で勝利しました。まだ今節を行なっていないチームがありますが、この勝利により2位に勝ち点4差をつけることができ、優勝へ一歩前進しました

f:id:HondaFC:20170827030104j:plain

f:id:HondaFC:20170827030126j:plain

今節のスタメン

GK楠本

DF三浦、鈴木、池松、日高

MF富田、松本、栗本、佐々木

FW古橋、遠野


ハイボール対策、負けてた時のパワープレー要員としてでしょうか、池松がスタメンになりました、そして待望の富田復帰です。

前半開始してペースはHondaが掴みました。細かくパスを回して隙ができたところを裏を狙うロングフィードで武蔵野ゴールに襲いかかります。先制点はHonda、前半5分に遠野のクロスを中央で受けた佐々木がシュート、相手に阻まれますがこぼれ球を後ろで待っていた松本にパスしてシュート。相手キーパーの手に当たったもののゴール右隅に決まって先制1-0とします。しかし、このゴールで武蔵野にスイッチが入ってしまいます。Hondaの攻撃のメインとなるパスを全てコースを読まれ封印され、ロングパスをしても遠野の身長ではボールを収めることができず相手に弾かれてしまいます。Hondaの得点の6分後の11分に水谷選手、石原選手と繋がれ本田選手がゴール。1-1の同点となります。ここからも試合は武蔵野ペースでボールをディフェンスラインより前に出すと3〜4人で囲みに来てすぐボールを取られてしまいます。武蔵野はロングフィード、長めのスルーパスなどを多用してきますが池松の高さと鈴木の安定した守備でなんとか凌ぎます。武蔵野の動きが早く、焦ってしまうのかHondaのパスミスもかなり目立ってしまいました。Hondaはシュートチャンスをほとんど作れません。対して武蔵野は水谷選手を起点にボールを前に運びます。得点ランキング上位の石原選手、藤井選手がシュートを放つ場面もありましたがゴールとはなりません。武蔵野有利で前半を終えます。シュートはHondaが2本で武蔵野が5本でした

後半になるとハーフタイムの間に井幡監督が指示を出したのか、一気にHondaペースに。栗本、遠野を気持ち左めくらいにおいて、栗本、古橋を起点にパスをして左サイドから攻撃を仕掛けます。そうすると武蔵野も左サイドに寄ってくるのですが、左サイドを責めていても佐々木だけはポジションを変えることなく右サイドに1人でなるだけ存在感を放たないように立っていました。ボールをバックラインに戻すとロングフィードを佐々木に出してフリーで受けてドリブルをして得点を狙っていくスタイルにチェンジしました。53分、右サイドで松本がボールを奪って中央へアーリー気味のクロスをあげます。綺麗にカーブのかかったボールは中央にいた遠野へ収まり、ドリブルでボールを運んでシュート。これが決まり2-1となります。得点が入り会場が湧いて押せ押せムードとなる中その3分後、遠野がボールを持ち、右サイドの佐々木にパス。佐々木がゴールの目の前で待つ古橋にラストパスを送りほぼ当てるだけとなった古橋が右足で決めゴール。前半ダメだった細かく素早いパスから完璧に相手を崩しての得点。これで3-1とします。その後も絶えずHondaがボールを細かく素早く回し、武蔵野に一切ペースを与えません。71分には日高のアーリー気味のクロスを古橋が落とし富田へパス。富田は再び古橋に戻してボレーシュート。少し落ちる変化のついたボールは右隅にゴール。古橋のこの日2得点目で4-1となります。その3分後に古橋に代わって大町を投入、80分には富田に代わり土屋を投入します。83分に遠野が自陣でボールを受け取ると1人でそのままゴール前にドリブル、キーパーをしっかり引きつけて横に走っていた大町にパス。大町は無人のゴールに決めて5-1。しかしその後、日高が負傷してしまい川嶋と交代。その後、川嶋がミドルシュートを放つシーンもありましたが得点とはなりません。試合終了となり後半は武蔵野にチャンスを作らせず苦手武蔵野から5得点をあげ大勝となりました

f:id:HondaFC:20170828213242j:plain

f:id:HondaFC:20170828213313j:plain

f:id:HondaFC:20170828213340j:plain


前半は完全に相手ペースに飲まれてしまってましたが後半では見事に修正できて得点を挙げることができました。1得点1アシストの遠野は大活躍でした。大町のゴールを演出したパスは最高の選択だったと思います。古橋の2得点目は本当にカッコよかったです。完全に落ちてました。松本も1ゴール1アシストです。先制ゴールがかなり効いたと思います。松本、栗本、富田のMFはやっぱり最強でした。石原選手、水谷選手、藤井選手に得点をあげさせなかったことも大きな勝因だと思います。個人的なこの試合のMOMは古橋達弥にしたいと思います。なにより2点目が衝撃的だったし、少し下がってパスの促進も行なっていました


次節ホームゲームは9月17日に今度も苦手なヴェルスパ大分戦です。次節からは再び昼に戻ります


今回も最後までありがとうございました