読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hondaサポーターの長〜いつぶやき

アマチュアサッカーチームのHondaFCのサポーターである僕が試合を観て思った事を書きます。ちなみに、1999年からHondaFCの試合見てます

6.天皇杯びわこ成蹊スポーツ大学〜試合後〜

お久しぶりです

本日は天皇杯1回戦びわこ成蹊スポーツ大学戦がHondaFCのホームである都田サッカー場で行われました。都田サッカー場天皇杯が行われるのは2006年以来です

Hondaは3-1で勝利し2回戦へ進出。6月21日(水)にヤマハスタジアムジュビロ磐田と対戦します。俗に言う「天竜川決戦」が実現しましたね


いつも通り、シュート数などは公式記録を参照にしてます


f:id:HondaFC:20170424100319j:plainf:id:HondaFC:20170424100342j:plain


これが本日のスタメン。写りこむのは高木コーチ。僕の大好きな清水谷選手が今季初先発。試合開始です

成蹊大学はがむしゃらにボールにチャージをかけてくるのではなく組織的に動いているような印象です

あ、そういえば成蹊大学の応援団が試合前、監督の望月さんに「望月!アレ!」って言ってたら望月監督は投げキッスして応援団に返してましたね。ユーモアのある人なのかな?


試合は開始すぐに動きます。相手から飛んできたロングボール。キーパー清水谷はマイボールだと思ったのかこれをスルー。判定は相手ボールのスローイン。そのスローインを青山選手が受け中にパス堂安選手が完全にフリーでボールを受けてシュート。前半6分でびわこ成蹊スポーツ大学が先制。0-1

一点入ると成蹊大学はボールを取りに来ません。Hondaが敵陣に入ってやっと一人ボールを取りにくる感じで、完全に守りに入りました。ただ、これも戦術なんだろうなってその後思いました。Hondaは失点しているので前がかりに攻めます。と、バックラインが上がります。そこをカウンターしてくるのです。何回かピンチを招きますがそこは須藤と鈴木がなんとかカバーします


Hondaは監督の指示が上手く届かなかったようです。一つ思ったのはFWの久野への裏を取るためのパスが浮き玉になってしまう事。何度やっても弾かれてしまう。久野は背が圧倒的に高いわけでもフィジカルが圧倒的に強いわけでもないです。久野の売りの力はスピードとキープ力なので裏を取るならゴロのスルーパスがいいと思いました。去年の天皇杯FC東京戦のような感じを想像していただければ分かりやすいと思います。

昨日は全員守備を引かれてバックラインもめちゃめちゃ後ろに下がっていたのでゴロで裏を取るってのは難しかったかもしれませんね。

Hondaはもっと積極的にシュートを打っても良かったのかもしれませんね。そうすれば相手のバックラインも少しは高くなるでしょうし

攻め倦むまま前半は終了0-1で折り返しますシュートはHondaが3本。びわこ成蹊スポーツ大学が2本でした


このハーフタイムは井幡監督と選手が直接戦術を確認し合える時間なので監督の修正力が問われる時間になりますね


後半開始。大きく変わったのは右サイドバックの細貝の位置を前に出してセカンドトップくらいの位置に置いた事でしょうか。それに全体的に前目に位置を置きます。

徹底的に攻め続けますがシュートは枠内を捉えることがなかなかできません。センターバックの鈴木のポジションを一つ前にしました。鈴木の穴は松本がカバーに回りますが基本的に全員攻撃なので松本、須藤だけでは守りきれず何度か相手が数的有利になるピンチを招きました。井幡監督は68分に日高、久野に代わり土屋、原田の2枚替えを行い打開を図ります


試合は77分、再び動きます。佐々木の浮き玉を細貝がヘディングで落とし富田がシュート。候これがゴールネットを揺らし同点に追いつきますこのゴールに救われ試合は1-1で延長に入ります


f:id:HondaFC:20170424132857j:plain


延長に入ると5分に天皇杯キラー大町が栗本のパスに合わせゴール。これで逆転2-1。大町は昨年の天皇杯県予選準決勝、決勝、1回戦、2回戦、3回戦でゴールを決めていると言う勝負強さだ

大町は「クリ(栗本)がドリブルで仕掛けた瞬間から狙い、いいボールが来た」と取材に答えている。

しかもその9分後に今度は富田からの浮き玉を今度は左足でシュート。これが決まりダメ押し点。3-1となりました


このまま勝ち2回戦進出となりました

f:id:HondaFC:20170424133054j:plain

〜総評〜

前半は本当に辛かった。攻められないんだもの。相手の鉄壁を超えられない。何はともあれ勝ってよかったと思います。2回戦ももちろん行きます。今から試合が楽しみです。ただ、天皇杯までにリーグ戦もあります。むしろ負けられないのはそっちなのかもしれません。リーグ戦は4/29(土)に三重で今年新加入の三重と試合します

本日のMOMを決めるとしたら原田開だと思います。得点を決めたのは富田と大町ですが、間違いなく彼が入って流れが変わったように見えました。遠くからでも積極的にシュートをうってくれますリーグ戦でも活躍が楽しみです


井幡監督は「磐田との対戦に気持ちが行きがちだが、リーグに切り替える」と取材に答えてます。キャプテン鈴木も「もちろん楽しみだが、まずはJFLのリーグ戦。目の前の試合に集中する」と取材に答えてます

監督と選手の感性が同じっていいと思います。次節も勝ちましょう!





最後までありがとうございました