Hondaサポーターの長〜いつぶやき

アマチュアサッカーチームのHondaFCのサポーターである僕が試合を観て思った事を書きます。ちなみに、1999年からHondaFCの試合見てます

5.びわこ成蹊スポーツ大学戦〜試合前〜

お久しぶりです。栃木ウーヴァFC戦以来ですかね


4月23日に都田サッカー場天皇杯1回戦HondaFC-びわこ成蹊スポーツ大学(以下、成蹊大学)戦があります。成蹊大学はデータがないですから前回のようには書けないので今回は僕の天皇杯に対する思いを書きます


             〜出れて当たり前の物だと〜

HondaFCは今回の天皇杯出場で出場で37回目となります。クラブが今年で46年目なのでかなりの出場率だと思います。僕が子供の頃は県予選決勝で3-0くらいで快勝して、もしくはJFLシード権を得て本大会では1回くらいはJリーグを破るのが当たり前だった。2007年には一人退場者を出しながらも鹿島アントラーズに延長0-1で惜敗したがベスト8になるという好成績で全国にアマチュアJFLのいじとHondaFCの名前を知らしめました。あの時はテレビで見てたけど悔しかった。当時の静岡はHondaが天皇杯県予選決勝シードだった。ただ、藤枝MYFCアスルクラロ沼津が頭角を現し、静岡産業大学を始めとする大学が力を着々と伸ばし激戦区と化した。昨年は決勝で同点に追いつき、延長に背番号17宮内の勝ち越しゴールで6年ぶりの出場。1回戦のFC岐阜戦も1-1で延長。延長後半ロスタイムに宮内のゴールで2-1で勝ち。2回戦の松本山雅FCは「徹底的に転がす」という井幡監督の戦術勝ちで突破。3回戦のグルージャ盛岡戦はこれ外でしょってのをPKにされたり清水谷が乱暴な行為を受けて相手にレッドカードが提示された事に盛岡サポーターの清水谷への誹謗中傷行為で勝ったけど胸糞悪い感じ。4回戦はFC東京。ご存知の通り1-2で負けましたが僕は満足です。


正直な話、一番手こずったのは県予選決勝の藤枝MYFC戦だったと思います。本当に苦しい展開だったように見えました。そんな県予選を戦わずにシードをもらったんです。負けるわけにはいきません。相手がどこになったとしても「負ける気せぇへんHondaやし」の応援スタイルで観戦していきたいと思ってます


                 〜井幡Hondaの集大成〜

井幡監督は今年で4年目。リーグ優勝ここまで2回。天皇杯ベスト16と退場回数が多かったりするものの成績を見ると超名将です。チームのスローガンは井幡監督1年目が「矜持」2年目が「考撃」3年目が「一意専心」そして今年が「歩」井幡監督は今年がこれまでの井幡Hondaの集大成で今年で退任するような事を示唆しているとも捉えられる発言を何度かしています。チームの目標は天皇杯の優勝。無謀な目標に捉えられるかもしれませんが井幡監督の戦術次第では達成できるかもしれませんね。もちろん監督も選手も負ける気で試合している訳ではないので勝っても負けてもその試合を称賛してあげたいですね