読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hondaサポーターの長〜いつぶやき

アマチュアサッカーチームのHondaFCのサポーターである僕が試合を観て思った事を書きます。ちなみに、1999年からHondaFCの試合見てます

9.ヴァンラーレ八戸戦〜試合後〜

お久しぶりです。ホンダロック戦、ヴァンラーレ八戸戦の試合前ブログは諸事情により更新できませんでした。申し訳ありませんでした。


まずは、この試合前の順位表

1位ソニー仙台 勝ち点25。2位Honda 勝ち点23。3位ヴァンラーレ八戸 勝ち点22。4位FC大阪 勝ち点22

この4チームが優勝に絡んでくると見ている人が多いようです。


前節は当時、1位Hondaと2位ソニー仙台との天王山をアウェイで戦ってきました。前半2失点も後半2得点により同点。しかし、83分にPKを決められ2-3で惜敗。2位後退です


本日は3位のヴァンラーレ八戸との試合が都田で行われました。古橋のスタメン。ケガ(?)で離脱していた久野純弥が約1ヶ月ぶりにベンチに復帰。曽根選手が久しぶりのベンチ入りなどがありました。結果は後半の5得点で5-0の大勝となりました。毎度の如く当ブログに書いてある時間は公式記録の時間に基づいています


スタメンは

GK楠本

DF川嶋、鈴木、三浦、細貝

MF松本、栗本、佐々木、大町、古橋

FW宮内

ベンチが清水谷、池松、富田、土屋、曽根、原田、久野という以上のメンバーでした

f:id:HondaFC:20170528170858j:plain

相手の高見選手、村上選手、井上選手の3トップを封じる事がキーポイントになりました。

〜前半〜

試合が始まるとヴァンラーレは前線からプレスをかけてくるもハーフコート付近まで上がるとプレスを止めて引きます。相手のフォーメーションのポジションによりパスの起点を作る松本のスペースが空くのでパスが回りHondaとしてはやりやすい展開になったと思います。相手は引いているのでバックラインからゆっくりとパスを回してゴールのチャンスを狙います。Hondaが前がかりになったところを八戸側から見て左サイドの山崎選手を使ってカウンターを仕掛けてきます。Hondaは古橋がハーフライン近くまで戻りパスをもらい周りに渡し、右サイドに行ってはクロスで仕掛け、左サイドからはドリブルで仕掛け、真ん中からは抜け出して裏を取るそぶりをして相手を揺さぶります。古橋が前にいる場合は、三浦→松本→三浦がクロス、もしくは、三浦→松本→細貝がドリブルでパス。というような流れでした。鈴木がゴールエリアの少し外まで攻め上がってミドルシュートやクロスなどで積極的に攻めてました。ゴールエリアの中で細かくパスをつないで完璧に決定機を作り出す石橋さんのサッカーを彷彿させるようなプレーが多く見られました。Hondaはゴール前混戦は作れるのですがシュートにはほとんど行けず、八戸はコーナーキックからのヘディングが一つと枠内に強烈なシュートが1本飛んできました。ボールは保持できているのであとはシュートまで持っていくのみでしたね。前半はHondaがシュート3本。八戸が2本でした


〜後半〜

後半になるとHondaは古橋を前に出して、宮内と古橋を2トップにするようなフォーメーションに変更してきました。そこから流れは良くなり左サイドから宮内がグラウンダーのクロスで古橋を狙います。

後半2分過ぎに三浦が相手選手と接触。三浦にはイエローカードが提示されました。しかも、このプレーで三浦は足を痛めてしまいます。後半10分に足を痛めている三浦代わり土屋が入ります。三浦がつとめていた左サイドに右サイドバックの細貝。右のサイドハーフコをつとめていた佐々木が右サイドバックに。左サイドハーフの大町が右サイドハーフに。左サイドハーフボランチの栗本が。ボランチの位置に土屋が入りました。これによりさらに流れがHondaに傾きました。

土屋が入ったすぐ直後の後半11分、キーパーと1対1になりかけた大町がペナルティーエリア内で穂積選手に倒されてPK獲得。この際、穂積選手にイエローカード、金久保選手も異議によりイエローカードを提示されました。このPKをPK職人である成功率100%の大町が右隅に決め先制1-0。このゴールにより大町は今シーズンJFL10得点を一番乗りに達成しました。

点が入ればこの試合はHondaのものと言わんばかりにパスが回ります。細貝、栗本の息があい左サイドから攻撃をどんどん仕掛けますそして、左サイドにいた古橋が栗本にパス。栗本が右にドリブルして真ん中に行ったところで大町にパス、大町がトラップしエリア外から左足でシュート。これが左隅に決まり2-0と立て続けに大町のゴールで得点を重ねます

後半18分、カウンターから佐々木がドリブルで持ち込み右サイドの松本にパス。松本がペナルティーエリア内の左側の細貝に大きくサイドチェンジ細貝から中に入ってきた佐々木にパス、佐々木が狙うのかと思いきや後ろの古橋に回し、少し遠目から右足でシュート。ゴール左隅真ん中の絶妙な場所にボールは突き刺さりゴール3-0。このゴールは古橋の洗練された技術が光る素晴らしいシュートでした。見ていて美しかったです。

その3分後、相手がバックラインでサイドから真ん中に戻す際に長いゴロパスがありました。その隙を見逃さなかった栗本。インターセプトしキーパーと1対1。左足で相手キーパーの股下を抜くシュートでゴール。4-0となります。

この得点が入った際に古橋に代わり久野が約1ヶ月ぶりに出場しました。久野は安定の前線からしっかりプレスをかけるいつものプレーをしてくれたのでまずは一安心です

後半42分、宮内に代わり曽根が入ります。曽根はスピードのあるドリブルが魅力の選手です。練習試合などでは素晴らしいプレーを見せるのですが、公式戦になると緊張してしまうのか本来のスピードが出ません。そこが改善できれば出場機会もかなり増えてくることでしょう。

ロスタイムに入るとカウンターで久野がドリブル。曽根に渡し曽根がドリブル、3対3の状況を作り出し右サイドに流れた佐々木にパス、佐々木が中央へ持ち込みキーパーが飛び出してきたところを小さなループシュートでゴール5-0とします

このまま試合が終わり5-0。大勝となりました。シュートはHondaが後半6本で計9本。八戸が後半2本で計4本でした

f:id:HondaFC:20170528183823j:plain

f:id:HondaFC:20170528183911j:plain

〜総評〜

カウンターが上手くできていて良かったと思います。前半はHonda本来のポゼッションパスサッカーが出来ていて失点のピンチも少なく終わりました。

古橋がとにかく良かった。右に左に前に後ろにと動いて攻撃を粘り強く組み立てる事が出来ていました。まさに経験豊富なベテランのなせる技術といった感じです。

大町は本当に素晴らしいですね。やっぱりやってくれますね。Hondaに移籍してきた時より70倍くらい成長してますね。ぶつかりにも弱く、チャージも弱い入団時の大町はもうどこかへいってしまいましたね。何度も言ってますが期限付き移籍は大成功だと思います。大町選手の実力が上手く開花しましたね。これはいつか金沢に帰る時が来てもJリーグで大暴れしてくれると思います。

守りで0失点に防いだ事も大きな勝因です。カウンターから攻められもしましたが泥臭く守り決定機を相手に多く作らせなかったり、楠本の好セーブにより無失点て勝てました。

得失点差では有利なのでソニー仙台がくじけてくれるのを待つばかりです


〜順位表、得点ランキング〜

本日、首位のソニー仙台ヴェルスパ大分と対戦し、6-0で勝利していますので順位は変わらずHondaは2位です

試合前4位のFC大阪流経大ドラゴンズ龍ヶ崎と対戦。先制されるも90+5分に川西選手の同点ゴールで引き分け。3位ヴァンラーレ八戸の敗戦により3位浮上です。

本日終了時の上位5チーム

1位ソニー仙台 勝ち点28 得失点差19

2位HondaFC 勝ち点26 得失点差24

3位FC大阪 勝ち点23 得失点差11

4位 ヴァンラーレ八戸 勝ち点22 得失点差7

5位ラインメール青森 勝ち点22 得失点差5

続いて得点ランキング

1位 大町将梧 11点。2位石原幸治(武蔵野)8点。3位タイ内野裕太、有間潤(両ソニー仙台)7点

記録 古橋達弥 JFL通算ゴール数 104 御給匠選手に並び3位タイ


〜本日のMOM〜

古橋達弥選手にしたいと思います。2ゴールの大町もよかったのですがゴールもさる事ながら、前半に動き回ってくれました。ベテランの技が光ってとにかく良かった。あれだけ動いてくれるとチームのパスも含め攻撃も活性化されます。ここからの試合のキーマンになると予想されます


〜HondaFCのお知らせ〜

6月4日(アウェイ)JFL 1st-S 第12節 FC大阪戦 万博記念競技場

6月11日(ホーム)JFL 1st-S 第13節 流経大ドラゴンズ龍ヶ崎都田サッカー場

6月21日(水)天皇杯2回戦 ジュビロ磐田ヤマハスタジアム(下記のリンクは天皇杯公式サイトなので参照にしてください)

http://www.jfa.jp/match/emperorscup_2017/match_page/m35.html


長々としたブログで申し訳ありませんでした。最後まで読んでいただいてありがとうございました。優勝戦線からは一切脱落していません。勝負はここからです。HondaFCへさらなるご声援をお願いいたします。ありがとうございました

8.FCマルヤス岡崎戦〜試合後〜

お久しぶりです。更新が遅くなって申し訳ありません

5/3水曜日に都田サッカー場にてHondaFC-FCマルヤス岡崎戦が行われました。ゴールデンウィークJFLは3試合行われます。その2試合目です

毎度の通り結果からHondaFCは3-1で勝利しました。順位は2位のままですが、首位のヴァンラーレ八戸ソニー仙台FCに敗れ首位との勝ち点差は1となりました

毎度の通り、時間は公式記録の時間に従ってます

f:id:HondaFC:20170505205024j:plain

本日のスタメン

GK楠本

DF川嶋、鈴木、日高、佐々木

MF富田、松本、栗本、細貝、渡邊

FW大町

僕が注目選手として挙げた(前回参照)選手、残念ながら柴田、マルヤス地主園選手はメンバー入りしませんでした。松本兄弟対決は実現しました。久野選手がスタメン、ベンチから外れたのが心配です。怪我ではないといいのですが...

Hondaはスタメン、ベンチに入っていない選手が観客のチケットを切ったりするのですがそこに遠野選手が居ました。ですがすぐ居なくなってベンチに入ってました。本来はベンチ外だったけど久野選手のアクシデントにより緊急登録って推測もできますね


では、試合内容に入ります


Hondaは基本的に前半左から右、後半右から左に攻めますが今回は前半に右から左に攻める形になりました。こっちのパターンは時々あるんですが、あんまり勝率、試合内容が良くない(イメージ)です。

Hondaボールでキックオフとなります。前節に3得点取っているマルヤスはどんな攻め方をして来るのかな?と思ったらボールを取りに来ない。ハーフラインを越えて、センターサークルを越えてやっと1人くるという感じです。5-4-1というフォーメーションでしょうか。カメラの縦写真で収まるというコンパクトさ

f:id:HondaFC:20170505211830j:plain

Hondaは守られると攻め倦むと前から言っているのですが案の定守り固められてしまいます。Hondaは細貝が飛び出すそぶり、続いて日高、富田と次々に裏を取るそぶりを見せてMFとDFの間のスペースを広げていこうとしますがなかなかうまくいきません。ただ、ボールを取りに来ることはないのでゆっくりバックラインでボールを回し打開を図ります。

試合は前半16分、栗本の果敢なミドルシュートをキーパーが弾き、こぼれ球を大町が頭で落とし富田がシュート。早い時間での先制に成功します

これでマルヤスは出て来るのかな?と思いきやそんなに出て来ません。ただ、DFとMFの間が気持ち開いたのかな?という感じでした。Hondaは同じく富田、日高、細貝が裏を取るそぶりを見せます

前半29分、細貝のパスを佐々木が繋ぎ大町にパス、大町はフェイントをしてシュート。見事なゴールで2-0、2点差となりました。このまま前半は終了。Hondaはシュート4本、マルヤス岡崎はシュート0本で前半を折り返します

後半、マルヤス岡崎は盛礼良レオナルド選手を投入して攻めに掛かります。71分に日高に代わり三浦、77分に細貝に代わり好調の土屋を投入します。試合は単調なまま後半81分、マルヤスキーパー藤井選手のフィードが流れの中で盛礼良選手にわたり軽くドリブルしてシュート。キーパー楠本は前に出ていた為一切反応せず、隙をつかれた形で失点し2-1、1点差とされます

試合はロスタイムに入ります90+3分に栗本のパスを受けた宮内がシュート気味のグラウンダークロス気味のパス、それを途中出場の土屋がちょこんと当てゴール3-1。このまま試合は終了し3-1で勝利しました

シュート数は後半Hondaが8本の計12本。マルヤス岡崎が4本の計4本でした

f:id:HondaFC:20170505220652p:plain

〜総評〜

攻める方向が違って相手に守り固められてられた時はどうなるかと思いましたが栗本の思い切ったシュートが結果的に富田のゴールを生む形になってよかったなぁと思いました。大町のフェイントは上手かったなぁ。ダイチョー(大町)得点ランキング首位タイキター!って思ったけど1位の武蔵野、石原選手がゴールを決めていた為1位とはなりませんでした。でも、素晴らしいゴールでした。失点は長々と試合が間延びしちゃったから生まれた失点で防げた失点だったのかなぁ?と思いました。土屋は好調でいいですね。このゴールは後々効いてくると思います

佐々木俊輝、彼は本当に素晴らしい。ドリブルが本当に上手い。スピードではなくというより技術でドリブルしてる感じ。サポーターへの対応もいいですし、途中出場でレッドカードというある種衝撃的なデビュー戦でしたしね。


今回のMOMを決めるとしたら背番号8栗本広輝選手ですね。果敢なシュートを打ち、守備でも貢献。「Hondaの心臓」の異名が相応しい活躍でした



次節のホームゲームは5/14(日)ホンダロックSCとのHonda対決です。今週のアウェイMIOびわこ戦もロック戦も絶対勝つぞ!最後までありがとうございました

7.JFL FCマルヤス岡崎戦〜試合前〜

お久しぶりです

5/3(水)に都田サッカー場JFL 1st-S 第7節がHondaFCホームの都田サッカー場で行われます

対戦相手は現在勝ち点4でリーグ13位のFCマルヤス岡崎です。

f:id:HondaFC:20170501191802j:plain

マルヤス岡崎は愛知県岡崎市のチームです。杉本恵太選手所属しているチームです。CoCoちゃんというJFL界隈では有名なサポーターやイケザえもんというスタジアムDJも居ます。前節は流通経済大学クラブドラゴンズに3-0で勝利しています。JFLには2014年に加盟してきました。

HondaFCは現在首位と4点差の勝ち点14で2位に付けています。4/29に行われたヴィアティン三重戦は大町の2ゴールによる2-1で勝利しました


HondaFC対FCマルヤス岡崎の対戦成績は加盟の2014年以来6戦6勝と未だ負けなしです。ただ、一昨年は5-0、5-1で勝利していましたが昨年は2-1、1-0とのどちらも1点差の辛勝でした。昨年のセカンドステージ、2-1の試合ですが、大町、松本が怪我をし、富田は1発レッド(これは得点機会阻止のハンドやししゃーない。これなかったら勝てなかったししゃーない)と大荒れでした。ちなみに、マルヤス岡崎の1点はHonda背番号7(当時13番)の松本和樹の兄弟、松本祐樹選手でした。


首位と勝ち点4差という事は1試合では巻き返せません。なのでとにかく勝って首位にくっ付いていく事が当たり前ですが重要です。正直首位が負けない限りもう1試合も落とせません。この、ゴールデンウィークに3試合行うという厳しい日程ですが頑張ってほしいですね。6戦6勝だからと気を抜かず素晴らしいパフォーマンスで勝ってほしいです


〜注目ポイント〜

Hondaは守り固められると攻め倦む傾向にあるのでマルヤス岡崎の戦術に注目してほしいと思います

松本和樹と背番号19番松本祐樹選手の兄弟対決にも注目です。前回の天皇杯、びわこ成蹊戦のように鈴木が攻め上がるとそこのバックアップは松本が取るのでボールの奪い合いになる可能性もあります

HondaFCの両サイドからの崩し。佐々木、細貝の右サイドは佐々木のドリブルや細貝の正確なグラウンダー気味のクロスで崩し、日高、富田の左サイドはレフティー日高の正確なクロスやドリブル突破、富田の積極的なロングシュートで相手を崩します。そこにも注目して頂きたいと思います


〜注目選手〜

FCマルヤス岡崎

背番号19番松本祐樹選手。松本和樹も居る相手だし昨年ゴールを決めたHonda戦。しかも前節ゴールも決めておりモチベーションはすごく高いのかな?と思います


背番号16番地主園秀美選手。彼が試合に出るとHondaが売りにしているパスサッカーのパスが回らなくなってしまう。そんな選手です。パスも上手だし、ヘディングが強いです


HondaFC

背番号9大町将梧 現在4得点でリーグ得点ランキング2位。前節も2ゴール、その前の天皇杯も2ゴールと絶好調!PKをゲットすれば未だに外したことがないというパーフェクトPKの持ち主。親父曰く「大町がどこに蹴るか分かるようになった」ですがそんなもんはただの偶然でしょう。大町は必ず点を決めて勝利に導いてくれるでしょう


背番号5鈴木雄也 主にセンターバックで声を出しチームを常に鼓舞し士気を高める闘将。チームがピンチになれば前線に上がりこぼれ玉を拾ってくれます


背番号10柴田潤一郎 レフティーで、18歳で入団し今年で16年目。5/13で35歳の誕生日を迎えるHondaを知り尽くした百戦錬磨の大ベテラン。左足から繰り出されるシュートはキレのあるカーブが掛かりゴールへまるで吸い込まれていくような感じです。僕の主観ではHondaで一番キックの精度が優れていると思います。本当にすごい。とにかくすごいの一言に尽きます。今年はまだ出場がありませんが必ずこの選手の力が必要になるでしょう

まぁ、単に柴田は僕が見たいというただの願望ですw



以上の選手に注目してみるといいかも知れません。最後までありがとうございました。Hondaは必ず勝利してくれる事でしょう。少しずつ熱くなって来てます。体調の管理にはお気をつけて...都田の開門待ちの際も早い方は100分程前から待たれているので熱中症にならないようにこまめに水分補給する事をオススメします。せっかくのサッカーも体調が悪くては楽しめませんからね


最後までありがとうございました

6.天皇杯びわこ成蹊スポーツ大学〜試合後〜

お久しぶりです

本日は天皇杯1回戦びわこ成蹊スポーツ大学戦がHondaFCのホームである都田サッカー場で行われました。都田サッカー場天皇杯が行われるのは2006年以来です

Hondaは3-1で勝利し2回戦へ進出。6月21日(水)にヤマハスタジアムジュビロ磐田と対戦します。俗に言う「天竜川決戦」が実現しましたね


いつも通り、シュート数などは公式記録を参照にしてます


f:id:HondaFC:20170424100319j:plainf:id:HondaFC:20170424100342j:plain


これが本日のスタメン。写りこむのは高木コーチ。僕の大好きな清水谷選手が今季初先発。試合開始です

成蹊大学はがむしゃらにボールにチャージをかけてくるのではなく組織的に動いているような印象です

あ、そういえば成蹊大学の応援団が試合前、監督の望月さんに「望月!アレ!」って言ってたら望月監督は投げキッスして応援団に返してましたね。ユーモアのある人なのかな?


試合は開始すぐに動きます。相手から飛んできたロングボール。キーパー清水谷はマイボールだと思ったのかこれをスルー。判定は相手ボールのスローイン。そのスローインを青山選手が受け中にパス堂安選手が完全にフリーでボールを受けてシュート。前半6分でびわこ成蹊スポーツ大学が先制。0-1

一点入ると成蹊大学はボールを取りに来ません。Hondaが敵陣に入ってやっと一人ボールを取りにくる感じで、完全に守りに入りました。ただ、これも戦術なんだろうなってその後思いました。Hondaは失点しているので前がかりに攻めます。と、バックラインが上がります。そこをカウンターしてくるのです。何回かピンチを招きますがそこは須藤と鈴木がなんとかカバーします


Hondaは監督の指示が上手く届かなかったようです。一つ思ったのはFWの久野への裏を取るためのパスが浮き玉になってしまう事。何度やっても弾かれてしまう。久野は背が圧倒的に高いわけでもフィジカルが圧倒的に強いわけでもないです。久野の売りの力はスピードとキープ力なので裏を取るならゴロのスルーパスがいいと思いました。去年の天皇杯FC東京戦のような感じを想像していただければ分かりやすいと思います。

昨日は全員守備を引かれてバックラインもめちゃめちゃ後ろに下がっていたのでゴロで裏を取るってのは難しかったかもしれませんね。

Hondaはもっと積極的にシュートを打っても良かったのかもしれませんね。そうすれば相手のバックラインも少しは高くなるでしょうし

攻め倦むまま前半は終了0-1で折り返しますシュートはHondaが3本。びわこ成蹊スポーツ大学が2本でした


このハーフタイムは井幡監督と選手が直接戦術を確認し合える時間なので監督の修正力が問われる時間になりますね


後半開始。大きく変わったのは右サイドバックの細貝の位置を前に出してセカンドトップくらいの位置に置いた事でしょうか。それに全体的に前目に位置を置きます。

徹底的に攻め続けますがシュートは枠内を捉えることがなかなかできません。センターバックの鈴木のポジションを一つ前にしました。鈴木の穴は松本がカバーに回りますが基本的に全員攻撃なので松本、須藤だけでは守りきれず何度か相手が数的有利になるピンチを招きました。井幡監督は68分に日高、久野に代わり土屋、原田の2枚替えを行い打開を図ります


試合は77分、再び動きます。佐々木の浮き玉を細貝がヘディングで落とし富田がシュート。候これがゴールネットを揺らし同点に追いつきますこのゴールに救われ試合は1-1で延長に入ります


f:id:HondaFC:20170424132857j:plain


延長に入ると5分に天皇杯キラー大町が栗本のパスに合わせゴール。これで逆転2-1。大町は昨年の天皇杯県予選準決勝、決勝、1回戦、2回戦、3回戦でゴールを決めていると言う勝負強さだ

大町は「クリ(栗本)がドリブルで仕掛けた瞬間から狙い、いいボールが来た」と取材に答えている。

しかもその9分後に今度は富田からの浮き玉を今度は左足でシュート。これが決まりダメ押し点。3-1となりました


このまま勝ち2回戦進出となりました

f:id:HondaFC:20170424133054j:plain

〜総評〜

前半は本当に辛かった。攻められないんだもの。相手の鉄壁を超えられない。何はともあれ勝ってよかったと思います。2回戦ももちろん行きます。今から試合が楽しみです。ただ、天皇杯までにリーグ戦もあります。むしろ負けられないのはそっちなのかもしれません。リーグ戦は4/29(土)に三重で今年新加入の三重と試合します

本日のMOMを決めるとしたら原田開だと思います。得点を決めたのは富田と大町ですが、間違いなく彼が入って流れが変わったように見えました。遠くからでも積極的にシュートをうってくれますリーグ戦でも活躍が楽しみです


井幡監督は「磐田との対戦に気持ちが行きがちだが、リーグに切り替える」と取材に答えてます。キャプテン鈴木も「もちろん楽しみだが、まずはJFLのリーグ戦。目の前の試合に集中する」と取材に答えてます

監督と選手の感性が同じっていいと思います。次節も勝ちましょう!





最後までありがとうございました

5.びわこ成蹊スポーツ大学戦〜試合前〜

お久しぶりです。栃木ウーヴァFC戦以来ですかね


4月23日に都田サッカー場天皇杯1回戦HondaFC-びわこ成蹊スポーツ大学(以下、成蹊大学)戦があります。成蹊大学はデータがないですから前回のようには書けないので今回は僕の天皇杯に対する思いを書きます


             〜出れて当たり前の物だと〜

HondaFCは今回の天皇杯出場で出場で37回目となります。クラブが今年で46年目なのでかなりの出場率だと思います。僕が子供の頃は県予選決勝で3-0くらいで快勝して、もしくはJFLシード権を得て本大会では1回くらいはJリーグを破るのが当たり前だった。2007年には一人退場者を出しながらも鹿島アントラーズに延長0-1で惜敗したがベスト8になるという好成績で全国にアマチュアJFLのいじとHondaFCの名前を知らしめました。あの時はテレビで見てたけど悔しかった。当時の静岡はHondaが天皇杯県予選決勝シードだった。ただ、藤枝MYFCアスルクラロ沼津が頭角を現し、静岡産業大学を始めとする大学が力を着々と伸ばし激戦区と化した。昨年は決勝で同点に追いつき、延長に背番号17宮内の勝ち越しゴールで6年ぶりの出場。1回戦のFC岐阜戦も1-1で延長。延長後半ロスタイムに宮内のゴールで2-1で勝ち。2回戦の松本山雅FCは「徹底的に転がす」という井幡監督の戦術勝ちで突破。3回戦のグルージャ盛岡戦はこれ外でしょってのをPKにされたり清水谷が乱暴な行為を受けて相手にレッドカードが提示された事に盛岡サポーターの清水谷への誹謗中傷行為で勝ったけど胸糞悪い感じ。4回戦はFC東京。ご存知の通り1-2で負けましたが僕は満足です。


正直な話、一番手こずったのは県予選決勝の藤枝MYFC戦だったと思います。本当に苦しい展開だったように見えました。そんな県予選を戦わずにシードをもらったんです。負けるわけにはいきません。相手がどこになったとしても「負ける気せぇへんHondaやし」の応援スタイルで観戦していきたいと思ってます


                 〜井幡Hondaの集大成〜

井幡監督は今年で4年目。リーグ優勝ここまで2回。天皇杯ベスト16と退場回数が多かったりするものの成績を見ると超名将です。チームのスローガンは井幡監督1年目が「矜持」2年目が「考撃」3年目が「一意専心」そして今年が「歩」井幡監督は今年がこれまでの井幡Hondaの集大成で今年で退任するような事を示唆しているとも捉えられる発言を何度かしています。チームの目標は天皇杯の優勝。無謀な目標に捉えられるかもしれませんが井幡監督の戦術次第では達成できるかもしれませんね。もちろん監督も選手も負ける気で試合している訳ではないので勝っても負けてもその試合を称賛してあげたいですね


4.栃木ウーヴァFC戦〜久しぶりの〜

この回がHondaの試合について書く初めてのブログです。凄く長々とした文章になってしまうと思いますがどうぞよろしくお願いします
注:シュートの本数などは公式記録より引用してます

本日4月16日 JFL 1st-S 第5節 HondaFC-栃木ウーヴァFC戦が都田サッカー場にて行われました。25.8度と言う軽い夏なんじゃないかってくらいのコンディションでした
まずは結果から背番号24佐々木の初ゴール、背番号15原田の2ゴールなど6-0で大勝し公式戦では39試合振りの6点差での勝利となりました!

まずはスタメン
GK 20 楠本
DF 13 池松
DF 5 鈴木(雄)←キャプテン
DF(右) 11 細貝
DF(左) 22 日高
MF 8 栗本
MF 7 松本
MF(左) 4 富田
MF(右) 24 佐々木
MF 9 大町
FW 23 久野
の布陣でした
f:id:HondaFC:20170416180005j:plain
f:id:HondaFC:20170416180137j:plain

〜試合のあらすじ〜

試合が始まるとHondaは細貝、佐々木、久野の右サイドをターゲットとし、浮き玉のスルーパスで裏を裏を取っていこうとするスタイル。対する栃木は昨年までの守り固めてカウンターのスタイルとは打って変わって前線からプレス、チャージを掛けて走り回るスピード型のサッカー
Hondaはそのスピードに翻弄されパスミスや中途半端な守備をしインターセプトされてしまいます。Hondaは個人技で対応して徐々にシュートを打ち始めます。
栃木はコーナーキックからヘディングシュートを放つもポストに弾かれ得点のチャンスを逃しました。Hondaは前半16分20番栗本のコーナーキックを13番松本が決め先制
栃木はゴールキーパー花田選手の力強い低弾道のゴールキックをFW村岡選手が受けるというのを繰り返し状況を打開しようとします。Hondaはピンチを招きますが相手にシュートを打たせない粘り強い守備をします

前半はこのまま1-0で折り返します。シュート数はHondaが8、栃木が3でした

後半になるとHondaは慣れたのかミスも少なくなりました。対する栃木は体力が尽きてきてしまったのかパスミスが目立つようになりました。Hondaは後半12分5番鈴木(雄)の浮き玉から23番久野が相手DFの裏を取りドリブルで持ち込むと4番富田にパス。富田がワンタッチで決め2-0

その2分後、久野が再びドリブルでPA内に持ち込むと相手に倒されPKを獲得。入団からPK成功率100%の9番大町将梧がPKを決め3-0とします

その4分後この試合が初スタメンとなったルーキー背番号24佐々木俊輝がドリブルで持ち込みキーパーと1対1となるが相手DFに後ろからスライディングで倒され再びPK。これを倒された佐々木がしっかり決めて4-0。このゴールでHondaFC初ゴール、今季入団のルーキーの中でゴール一番乗りとなりました。このPK2本がよっぽど響いたのか相手はさらに精彩を欠いてHondaの独壇場になりました

後半23分に久野に代わりルーキー背番号26遠野大弥を投入、さらに後半34分に大町に代わり背番号15原田開を投入しました

原田は1分後佐々木から富田へ、富田がドリブルから原田へパス。それを左足で決め5-0。その得点から1分後、佐々木から背番号8栗本、栗本から原田へ繋がり軽くドリブルして今度は右足でシュート。これが決まり6-0

その後、原田が果敢にシュートを打つもハットトリックはならずこのまま試合が終わり6-0となりました。栃木ウーヴァFCはシュート後半2本で計5本。Hondaは後半13本を放ち計21本でした

f:id:HondaFC:20170416184119j:plainf:id:HondaFC:20170416184102j:plain


〜総評〜

今日のMOMは背番号24の佐々木俊輝で決まりでしょう。攻撃の起点となり「ドリブルキング」という称号を与えたいくらいのドリブル突破。初得点も決めました。佐々木選手って本当にイケメンなので都田に来た際は是非注目してみてください


守備では相手のスピードに翻弄されパスの乱れが生じてしまいました。そこを直さないと失点の可能性が増えてしまいます。今回のように毎試合大量得点出来るわけではありません。サッカーは1点で決まる事が多いスポーツです。守備面の修正は必須となるでしょう。次の試合。これは天皇杯ですがびわこ成蹊スポーツ大学戦。大学生はスピードで圧倒してくる事が予想されます。次も0で抑えたいですね


原田開選手は面白いくらい元気すぎましたね。入ってから試合終了までのわずか10分少々で4本のシュート。入らなかった2つも惜しかった。ハットトリックもありそうだったんですけどね


試合終了後にはラインダンスも!

f:id:HondaFC:20170416185955j:plain



来週は天皇杯1回戦びわこ成蹊スポーツ大学都田サッカー場

リーグ戦次節は4/29(土)アウェイ、上野運動公園でJFL新加入のヴィアティン三重

ホームは5/3(水)FCマルヤス岡崎戦。都田サッカー場

となってます。リーグ戦も天皇杯も目が離せません!



最後までありがとうございました。文章構成下手でごめんなさい


3.栃木ウーヴァFC戦〜試合前〜

お久しぶりです
毎回HondaFCの試合で私が観戦に行ける試合の前には今回のような事を書いていこうと思ってます

栃木ウーヴァFCは現在勝ち点3でリーグ12位。HondaFCは勝ち点8で4位となっています。
ちなみに、栃木ウーヴァFCとの対戦成績は6年前から数えると9勝1分2敗と大きく勝ち越しては居ます。数年前は3点差以上の大量得点差が多かったもののここ3年とすると4勝2敗。しかも2点差以内(負けも含む)は5試合となっておりHondaを攻略しつつあるのかな?と感じる事も少なくありません
しかも前節、栃木ウーヴァFCは昨年2位の流通経済大学ドラゴンズ龍ヶ崎に対して5-0と大勝して今季初勝利、天皇杯栃木県予選ではJ3栃木SCに1-0勝利を収め調子がかなり上向きになって居ると思われます

栃木ウーヴァFC戦の1週間後に始まる天皇杯1回戦にいい流れで持っていく為でもあり、リーグ優勝する為。リーグでは既に勝ち点4を落としています。これ以上落とすわけにはいきません。絶対に勝ちましょう!!

最後までありがとうございました