Hondaサポーターの長〜いつぶやき

アマチュアサッカーチームのHondaFCのサポーターである僕が試合を観て思った事を書きます。ちなみに、1999年からHondaFCの試合見てます

17.ヴェルスパ大分戦

お久しぶりです。本日9月17日に都田サッカー場でHondaFC-ヴェルスパ大分戦が行われました。台風の影響で試合の開催が危ぶまれましたが無事試合を行うことができました。
試合結果は1-1で引き分けとなりました


f:id:HondaFC:20170917170336j:plain

本日は台風の影響で強風の中試合が行われました。雨も心配されましたが試合中雨が降る事はなく時々、晴れ間も見えました

f:id:HondaFC:20170917170504j:plain

f:id:HondaFC:20170917170524j:plain

本日のスタメン

GK楠本祐規

DF三浦誠史、鈴木雄也、池松大騎、日高大

MF富田湧也、松本和樹、栗本広輝、大町将梧

FW古橋達弥、遠野大弥

ベンチ 清水谷侑樹、川嶋正之、佐々木俊輝、細貝竜太、土屋貴啓、鈴木理久、久野純弥

大町が右サイドでスタメンに復帰しました。ルーキーの鈴木理久が初めてベンチに入りました


試合は大分ボールでキックオフしました。前半はお互いに風に慣れるまで時間が掛かったようで両チームともボールがうまく収まらなかったり、パスが通らなかったりしました。Hondaは前半4分に池松がペナルティーエリアの少し外で相手を倒してしまいイエローカードを受けてしまいます。しかし、このフリーキックはゴールにはなりませんでした。基本的に大分は前からプレスを掛けてこず引いてきてましたし、1対1の場面になっても大分から仕掛けてくる事はほとんどありませんでした。守備を固められたHondaはバックラインで丁寧にボールを回して攻撃のチャンスをうかがいます。試合は前半13分に動きました。池松から日高へパスを出したところを途中でカットされ、利根選手から中村選手へパス。中村選手から中西選手にパスをし中西選手のシュートはゴール左へ決まりヴェルスパ大分が先制します。4分後の17分にHondaはペナルティーエリア内に切り込んだ古橋から大町→富田→大町→日高とつないで日高がゴール。ラインを割ってしまいそうでしたが、日高が最後はゴール左側からシュートし得点しました。これで1-1とします。その後は左サイドを起点とし日高がシンプルなパス、クロス、ヘディング、スルーパス、足にこすらせて角度を変えるパスなど様々なパスを駆使してゴールを狙います。その後、古橋のフリーキック、大町のループシュート、富田のオーバーヘッドなど相手を崩していきますが得点には結びつきませんでした。シュートはHonda5本。大分3本でした


後半になると最初の10分は大分が少し押し気味でしたが、Hondaが右サイドの三浦、大町FWの遠野の裏を狙うパスを出していくと大分はどんどん引いていき引き分け狙いのサッカーになっていきます。実質7バックくらいだったと思います。Hondaはミドルシュートはうたず、池松を残し全員で攻めます。前に出ていってもペナルティーエリアへ仕掛けなければ大分はボールを取りに来る事はなかったので、鈴木も相当前に上がっていきました。パスを丁寧に回して相手を揺さぶりますが、相手を崩す事はできずペナルティーエリア内へのパスを出すと一気に3人ほどでボールを取りにきます。遠野が抜け出してゴールを決めるも残念ながらオフサイド。その後、鈴木がミドルシュートを放ちますが相手キーパーの好セーブに阻まれてしまいます。富田に代わって土屋、三浦に代わって佐々木を入れてパスを回しつつも右サイドのドリブルで崩していこうとしますが良いシーンは作り出せたのですがゴールには入りません。大分は原選手、木島選手を投入してカウンターの力を強めていきますが、池松と鈴木の対応で大きなピンチは招きませんでした。試合終了間際に大町に代わって細貝を投入して右サイドを固めますがゴールには結びつかず1-1で試合終了。シュートはHonda4本で計9本、大分4本で計7本でした

f:id:HondaFC:20170917205728j:plain

f:id:HondaFC:20170917205748j:plain



総括

前半のまだ風になれてないうちにパスミスから点を取られてしまったのが痛かったと思います。前半にもう1点取れていれば大差での勝ちもあったかも知れません。後半の15〜30分あたりはパスを回しても中々相手を崩せなかったのでもっとミドルシュートやロングシュートをうって相手ディフェンスを引き出すというのも有効な手段だと思いました。やっぱり守りに入られるとHondaは弱くなってしまいますね。そして、ヴェルスパ大分は本当に相性が悪いですね。どこかが悪かったというわけではなかったので監督も選手交代のやりようがなかったのだと思います。選手にも悔しい気持ちをリセットしてもらって次からまた連勝街道を駆け抜けてもらいたいです。毎試合勝てるほど甘いもんでもないですしね


本日のMOMは日高大選手にしたいと思います。得点もそうなのですが何より足が速くなった。入団時よりかなりスピードが上がったと思います。スルーパスに対する反応も素晴らしいかったですし、自身もパスを使い分けてチャンスを演出できていました


本日、2位のヴァンラーレ八戸も引き分けたので、首位キープです。残念な事に今シーズンのホームゲームは残り3試合(+1試合)になってしまいました。次回のホームゲームは約1ヶ月後の10月15日に都田で今シーズンからJFLに昇格したヴィアティン三重と対戦します。次節はアウェイで9月23日にブリオベッカ浦安戦です。


今回のブログは以上です。最後までありがとうございました

16.東京武蔵野シティFC戦

昨日8/26日に都田サッカー場で東京武蔵野シティとの試合が行われました。武蔵野との相性は非常に悪く、1点取ったら1点取り返されるし、3点取っても3点取り返されるチームです。そして、得点ランキング上位5名に石原選手、藤井選手が入っている非常に攻撃力のあるチームです。キーパーの飯塚選手の正確すぎるキックにも何度もやられて来ました

いつものように結果から。遠野、古橋などのゴールにより5-1で勝利しました。まだ今節を行なっていないチームがありますが、この勝利により2位に勝ち点4差をつけることができ、優勝へ一歩前進しました

f:id:HondaFC:20170827030104j:plain

f:id:HondaFC:20170827030126j:plain

今節のスタメン

GK楠本

DF三浦、鈴木、池松、日高

MF富田、松本、栗本、佐々木

FW古橋、遠野


ハイボール対策、負けてた時のパワープレー要員としてでしょうか、池松がスタメンになりました、そして待望の富田復帰です。

前半開始してペースはHondaが掴みました。細かくパスを回して隙ができたところを裏を狙うロングフィードで武蔵野ゴールに襲いかかります。先制点はHonda、前半5分に遠野のクロスを中央で受けた佐々木がシュート、相手に阻まれますがこぼれ球を後ろで待っていた松本にパスしてシュート。相手キーパーの手に当たったもののゴール右隅に決まって先制1-0とします。しかし、このゴールで武蔵野にスイッチが入ってしまいます。Hondaの攻撃のメインとなるパスを全てコースを読まれ封印され、ロングパスをしても遠野の身長ではボールを収めることができず相手に弾かれてしまいます。Hondaの得点の6分後の11分に水谷選手、石原選手と繋がれ本田選手がゴール。1-1の同点となります。ここからも試合は武蔵野ペースでボールをディフェンスラインより前に出すと3〜4人で囲みに来てすぐボールを取られてしまいます。武蔵野はロングフィード、長めのスルーパスなどを多用してきますが池松の高さと鈴木の安定した守備でなんとか凌ぎます。武蔵野の動きが早く、焦ってしまうのかHondaのパスミスもかなり目立ってしまいました。Hondaはシュートチャンスをほとんど作れません。対して武蔵野は水谷選手を起点にボールを前に運びます。得点ランキング上位の石原選手、藤井選手がシュートを放つ場面もありましたがゴールとはなりません。武蔵野有利で前半を終えます。シュートはHondaが2本で武蔵野が5本でした

後半になるとハーフタイムの間に井幡監督が指示を出したのか、一気にHondaペースに。栗本、遠野を気持ち左めくらいにおいて、栗本、古橋を起点にパスをして左サイドから攻撃を仕掛けます。そうすると武蔵野も左サイドに寄ってくるのですが、左サイドを責めていても佐々木だけはポジションを変えることなく右サイドに1人でなるだけ存在感を放たないように立っていました。ボールをバックラインに戻すとロングフィードを佐々木に出してフリーで受けてドリブルをして得点を狙っていくスタイルにチェンジしました。53分、右サイドで松本がボールを奪って中央へアーリー気味のクロスをあげます。綺麗にカーブのかかったボールは中央にいた遠野へ収まり、ドリブルでボールを運んでシュート。これが決まり2-1となります。得点が入り会場が湧いて押せ押せムードとなる中その3分後、遠野がボールを持ち、右サイドの佐々木にパス。佐々木がゴールの目の前で待つ古橋にラストパスを送りほぼ当てるだけとなった古橋が右足で決めゴール。前半ダメだった細かく素早いパスから完璧に相手を崩しての得点。これで3-1とします。その後も絶えずHondaがボールを細かく素早く回し、武蔵野に一切ペースを与えません。71分には日高のアーリー気味のクロスを古橋が落とし富田へパス。富田は再び古橋に戻してボレーシュート。少し落ちる変化のついたボールは右隅にゴール。古橋のこの日2得点目で4-1となります。その3分後に古橋に代わって大町を投入、80分には富田に代わり土屋を投入します。83分に遠野が自陣でボールを受け取ると1人でそのままゴール前にドリブル、キーパーをしっかり引きつけて横に走っていた大町にパス。大町は無人のゴールに決めて5-1。しかしその後、日高が負傷してしまい川嶋と交代。その後、川嶋がミドルシュートを放つシーンもありましたが得点とはなりません。試合終了となり後半は武蔵野にチャンスを作らせず苦手武蔵野から5得点をあげ大勝となりました

f:id:HondaFC:20170828213242j:plain

f:id:HondaFC:20170828213313j:plain

f:id:HondaFC:20170828213340j:plain


前半は完全に相手ペースに飲まれてしまってましたが後半では見事に修正できて得点を挙げることができました。1得点1アシストの遠野は大活躍でした。大町のゴールを演出したパスは最高の選択だったと思います。古橋の2得点目は本当にカッコよかったです。完全に落ちてました。松本も1ゴール1アシストです。先制ゴールがかなり効いたと思います。松本、栗本、富田のMFはやっぱり最強でした。石原選手、水谷選手、藤井選手に得点をあげさせなかったことも大きな勝因だと思います。個人的なこの試合のMOMは古橋達弥にしたいと思います。なにより2点目が衝撃的だったし、少し下がってパスの促進も行なっていました


次節ホームゲームは9月17日に今度も苦手なヴェルスパ大分戦です。次節からは再び昼に戻ります


今回も最後までありがとうございました

15.ソニー仙台FC戦

お久しぶりです。MIOびわこ滋賀戦を更新しなかったこと、更新が遅れてしまったことをお詫び申し上げます。すいませんでした


JFLセカンドステージに入り第1節都田サッカー場MIOびわこ滋賀と対戦。試合前にはHondaの歴史を重ねて来たレジェンド選手たちによるOB戦も行われましたf:id:HondaFC:20170728144941j:plain

試合序盤は攻勢をかけ佐々木のゴールで先制するものの後半は守りの時間が続きました。しかしなんとか守りきり1-0で勝利f:id:HondaFC:20170728144835j:plain

第2節は宮崎でホンダロックSCとの『ホンダダービー』が行われました。米良選手に先制ゴールを決められるものの、古橋が直接フリーキックや相手のミスを突くゴールなどでハットトリックを達成。米良選手に追加点を決められるがその後曽根の今季初ゴールなどもあり4-2で勝利しました


第3節となる今節はHondaと共にJFLの強豪アマチュアチームとして語られライバル関係でもあるソニー仙台FCとの試合です。ファーストステージの試合はアウェイで行われ、一旦追いつくもPKを試合終盤に決められ2-3で敗れました。この敗戦がHondaFCにとって今季唯一敗れた試合となりました。ソニーは内野選手、有間選手、秋元選手、藤原選手、鈴木選手ととにかくFW陣が強く、基本的に3トップで試合をすることが多いです。中でも有間選手はHondaにとって嫌なイメージしかありません。

いつもの通り、このブログに記載してある時間は公式記録に準拠してます

この試合のスタメン

f:id:HondaFC:20170728150024j:plainf:id:HondaFC:20170728150055j:plain

GK楠本

DF三浦、鈴木、須藤、日高

MF松本、栗本、曽根、佐々木

FW宮内、遠野

ベンチメンバー、清水谷、川嶋、池松、渡邉、土屋、原田、古橋

ソニー仙台注目の3トップ今節は内野選手、有間選手、藤原選手です

Hondaは富田が今節も登録されておらず心配です。日高、曽根がスタメンに名を連ねました


前半が始まると試合は圧倒的Hondaペース。ソニーはあまり前がかりにボールを取りに来ず、前半はセーブしているような感じに見受けられました。Hondaは宮内が裏を取れるように縦へのパスを積極的に使います。曽根もこの試合の調子は良く、スピードを生かしたトラブルで相手守備陣を抜いていきます。曽根はキーパーと1対1に近い状況になるもシュートはキーパーの真正面でゴールとはなりません。Hondaはコーナーキックを取ると須藤が前線まで上がりゴールを狙ったり、鈴木が前線までドリブルして行ったり、日高が積極的にミドルシュートを狙ったりと全員で波状攻撃を続けます。対するソニーはボールを奪って素早くカウンターに切り替えますが、須藤、栗本、松本がスライディングや足をめいいっぱい伸ばしてパスをカットしてゴール前に届く前に相手の攻撃の芽を摘みます。前半40分頃、三浦からグラウンダー性の良いクロスが入ったものの誰も触れないシーンもありました。0-0で折り返すのかと思った前半終了間際の42分、三浦のパスから宮内が相手選手と交錯に近い状況になりながらもスライディングでシュートし先制。Hondaがほとんどの時間攻め続けたまま前半は1-0で終了しました。シュートはHondaが12本、ソニーが0本とソニーを徹底的に押さえ込みます

後半開始時から前半、相手選手の足が入ったのかうずくまっていた遠野に代わり古橋が投入されます。後半になると一転試合はソニーペース。有間選手がスピードを生かして抜け出そうとします。日高が有間選手へのパスを徹底的にクリアしてピンチになりそうな場面を何度も助けます。この日の古橋は不調だったのかボールが中々収まらずパスが来ても相手選手にボールを奪われてしまいます。Hondaは曽根が抜け出しキーパーと1対1になる場面があったものの曽根のシュートはまたもキーパー真正面。追加点を決めることができません。守る時間が続く中状況を打開するため後半25分、曽根に代わって土屋を投入します。ソニーは後半27分フリーキックを得ると萩原選手が右隅に直接決め同点。この得点をきっかけに両チームは一進一退の攻防を繰り広げます。Hondaは古橋が左足でシュートするもののキーパーの真正面といったシーンもありました。後半39分、疲れが見えた宮内に代わり原田を投入します。ソニーコーナーキックから合わせるも枠の外、ゴールとはなりません。試合は後半ロスタイムに入ります。キーパー楠本のゴールキックが高くバウンド、これを相手選手と粘り強く身体をぶつけあって奪った栗本が原田はパス。原田は相手の裏は抜け出しパスを受けゴール右隅にシュート、シュートはポストをかすめてゴール。ロスタイム1分に原田の劇的ゴールで2-1。ファーストステージで悔しい敗北を喫したソニー仙台から勝ちを収めました

シュートはHondaが8本で計20本、ソニーが6本で計6本でした

f:id:HondaFC:20170728153905j:plainf:id:HondaFC:20170728153927j:plainf:id:HondaFC:20170728153953j:plain


〜総評〜

やっぱり、ソニーとの試合は面白かったです。ソニーは前半セーブしていた感じがしましたが栗本、松本、須藤が頑張って守って相手に攻めさせなかった。これが大きかったように思います。後半は本当に日高が何度もクリアしてくれた印象です。後半の得点は決めた原田も落ち着いて決めて素晴らしかったと思いますが栗本が最後まで諦めず相手と競り合い続けて奪った結果だと思います。さすが栗本だなって感じた瞬間でした。何はともあれ勝ってよかった。これにつきます。遠野が心配ですが次節もスタメン、もしくはベンチメンバーに名前がある事を祈るばかりです。大町が歩いていたところを見かけたのですが、固定していたり、包帯をしていたりというところはなかったように見えました。7月30日の八戸戦はまだ厳しいかもしれませんが少し中断を挟んだ後の8月20日に栃木で行われる栃木ウーヴァFCとの試合では試合に出てくれる可能性はかなり高いと思われます。逆に久野はびわこ戦の時に見かけたのですが片足をビッチリと固定していてかなり痛々しい感じだったので復帰まではまだ時間がかかるかもしれません


順位表

*第2節、大分-びわこ戦は雷の為中止になりました。8月6日に行われるようです。なので大分、滋賀は2試合のみの順位となってます

1、今治、勝ち点9、得失点差6

2、Honda、勝ち点9、得失点差4

3、青森、勝ち点7、得失点差4

4、八戸、奈良、勝ち点7、得失点差3

6、大分、勝ち点6、得失点差2(2試合)

以下、武蔵野、浦安、ソニー、大阪、ロック

、三重、流経大、マルヤス、滋賀(2試合)、栃木の順で続きます


HondaFCの試合

セカンドステージ第4節 ヴァンラーレ八戸戦、7/30(日)、13:00KO、ダイハツスタジアム(アウェイ)

セカンドステージ第5節 栃木ウーヴァFC戦、8/20(日)、14:00KO、足利市総合運動公園陸上競技場(アウェイ)

セカンドステージ第6節 東京武蔵野シティFC戦、8/26(土)、18:00KO、都田サッカー場(ホーム)

次回ホームゲームの8月26日は横河武蔵野時代から勝ちきれないチームである武蔵野シティとの対戦。今年もアウェイで引き分けてきている為、何としても勝ちをつかみとりたい相手。今年最後のナイターゲームとなります



長々とダラダラした文章ですいません。ブログはやっぱり試合がすぐ書くのがベストです。次回の武蔵野戦は翌日には更新したいと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました

14.JFL 1st-S まとめ〜後編〜

お久しぶりです。7月8日からJFLセカンドステージが始まると言うことでJFLファーストステージをまとめました。前後編となっておりますので前編から先にご覧いただけるとありがたいです。今回はJFL第12節より振り返っていきます。Hondaが勝ちなら◯、負けなら×、引き分けなら△を付けていきます。


第12節 FC大阪戦◯ 2-1

この試合も上位対決となり勝ちが優勝への必須条件となりました。前半13分にトラップミスから失点してしまいます。後半に入りHondaは猛攻を仕掛けます。82分に栗本のゴールで同点。しかし、反撃もここまでかと思われた90分、古橋達弥の値千金のゴールで逆転。2-1とし優勝に向けて前進しました

第13節 流経大ドラゴンズ龍ヶ崎戦◯ 2-1

昨年の2位、流経大と対戦。この試合も負けられない試合となりました。前半4分に出鼻をくじかれ失点。12分に大町が同点ゴールを決めます。74分に古橋がフリーキックを決め2-1。厳しい試合でしたが2試合連続で古橋がチームを救いました

第14節 ブリオベッカ浦安戦◯ 2-0

2位ソニー仙台の結果次第では優勝が決定したこの試合。チャンスも作れ、シュートも放てたもののゴールにたどり着けません。前半終了間際、相手のクリアのこぼれ球を佐々木のボレーシュートで先制。58分にも佐々木が決め2-0で勝利ソニーの結果次第で優勝でしたがソニー仙台がロスタイムにゴールを決め勝利したため優勝は最終戦に持ち越されました

第15節 ヴェルスパ大分戦△ 1-1

ファーストステージ最終節となったこの試合。前日に行われたソニー仙台の試合の結果、引き分けなら優勝が決定するこの試合。引いて守る相手からなかなか点を取れません。75分に松本のミドルシュートが決まり、待望の先制点。しかし、85分にPKを決められ同点。無理に点を取る必要はないのでこのままボールキープをして1-1で試合終了。ファーストステージ優勝を決定しました


〜総評〜

昨年の課題だといっていた得点力はしっかりと改善されたと思います。昨年以上にマルヤス岡崎、ヴェルスパ大分などが引いて守ってきました。引いて守られると相手のディフェンスを崩すのが大変になってきます。Hondaは守られることが苦手です。八戸のように攻めてきてくれるとスペースを見つけて点を取ることができます。セカンドステージはもっと守ってくるチームが増えてくるでしょう。そこから点を取れるかが優勝への鍵になると思っています。ファーストステージ、中盤から強豪相手が続いて大変だったと思いますがしっかりと優勝してくれて嬉しかったです。今年のリーグ戦は2位以上が確定していますが、手を抜かずセカンドステージも優勝して完全優勝を狙ってほしいです


ここからはデータ編です

*データはJFL公式記録、公式サイトに記載されているものを参照しています

まずは、HondaFC内得点ランキング

1.大町将梧 12点(全体1位)

2.佐々木俊輝 5点(全体10位タイ)

3.富田湧也、古橋達弥、栗本広輝 4点(全体14位タイ)

4.松本和樹 3点(全体28位タイ)

5.原田開 2点(全体42位タイ)

6.土屋貴啓、宮内啓汰、日高大、遠野大弥、久野純弥 1点(全体69位タイ)


試合出場数ランキング(5位まで)*途中出場もスタメンも1とカウント

1.楠本祐規、川嶋正之、鈴木雄也、松本和樹、栗本広輝、細貝竜太 15試合(全試合)

2.富田湧也 13試合

3.三浦誠史、佐々木俊輝、大町将梧 12試合

4.日高大、久野純弥 11試合

5.土屋貴啓、古橋達弥 9試合


シュート数ランキング(5位まで)

1.大町将梧 25本

2.日高大 20本

3.佐々木俊輝、富田湧也、栗本広輝 17本

4.原田開 15本

5.古橋達弥 14本


シュート決定率ランキング(5位まで)*ゴール数÷シュート数

1.土屋貴啓 50%(1点、2本)

2.大町将梧 46%(12点、25本)

3.佐々木俊輝 29.4%(5点、17本)

4.古橋達弥 28.6%(4点、14本)

5.富田湧也、栗本広輝 23.5%(両選手4点、17本)


決勝点ランキング*勝ち試合の決勝点を挙げた試合数

1.大町将梧 4試合

2.佐々木俊輝、古橋達弥 2試合

3.富田湧也、松本和樹、栗本広輝 1試合


キーパー失点率*失点÷被シュート数

楠本祐規 14%(11失点、被シュート79本)


以上のデータランキングから分かるように大町選手は凄いですね。チームの失点数よりも多く得点を決めてますね。決定率も46%って圧倒的すぎますね。昨年からまだ1回もPK外してませんし。怪我が心配ですが、セカンドステージも大量得点に期待ですね。栗本選手をはじめとするMF陣は安定した活躍してて素晴らしいですね。Hondaの軸って感じです。以上でデータ編を終わります。



ここからはセカンドステージ第1節の告知をさせていただきます。

8日にJFLセカンドステージ第1節、MIOびわこ滋賀戦が行われます。都田サッカー場にて18:00キックオフです。ナイターゲームなのでお間違えのないようお願いいたします。その前座試合として、HondaFC OB対ホンダ 向陽会の試合が行われます。14:00より開会式が行われる予定となっております。参加メンバーは下記画像の通りです

f:id:HondaFC:20170707231710j:plain

内山雄一朗さんは現役時代は石川雄一朗という名前でした。ご結婚されて名字が変わられたとHondaサポーターの方にお聞きしました。懐かしいメンバーが揃っていて僕も今からワクワクが隠せません。僕の注目ポイントは新田さん、川島大樹さん、吉村さん、内山さんです。新田さんは言わずと知れたHondaのレジェンドストライカー。通算314試合に出場し、146ゴールを記録。146ゴールはダントツでJFL通算ゴール数1位です。川島大樹さんは背が高くてヘディングが強い選手でした。吉村さんはドリブルが魅力的な選手でした。内山さんは、他のキーパーが良すぎて試合には通算で1試合、ほんの数分という出場でしたが、人柄がすごく良く話しやすくて、ハーフタイムイベントによく僕を誘ってくれたことを覚えています。

その他の選手も現役を退いても、試合勘というか、嗅覚みたいなものは衰えていないと思うので素晴らしいプレーを見せてくれると思います。


MIOびわこは宮市剛選手を期限付き移籍で獲得しました。MIOびわこにはファーストステージ6-1で勝利しています。

みんな大好きパッサーロも新ユニフォームをお披露目と言うことなのでそこも要注目ですね。ぜひ都田にお越しください


長くなりましたが、最後までありがとうございました

13.JFL 1st-S まとめ〜前編〜

お久しぶりです。7月8日にJFLセカンドステージが開幕するという事で今回はJFLファーストステージを個人的にまとめていきたいと思います。ファーストステージの感想。選手の個人的な見解。ホームゲーム、アウェーゲーム全試合の結果、見た試合は出来る限り思い出して感想。ファーストステージの様々なデータなど盛りだくさんの内容にしていきたいと思いますので長くなりますが宜しければ最後まで読んでいただけると嬉しいです


今年のJFLファーストステージで優勝という最高の結果を残す事が出来ました。

シーズン序盤はアウェーで勝てず引き分けが続きました。昨年は年間優勝はしたものの少ない点差で粘って粘って勝利する試合が多かったです。自分たちサポーターも毎試合ヒヤヒヤで試合を観ていました。なので、今年は得点力を高める事を監督は意識していたように思えます。その成果もあってかここまでの得点は39点。昨年のファーストステージでは21得点。実に18もの得点を増やす事が出来ました

今年はキーパーを昨年、ベストイレブンを受賞した清水谷ではなく楠本をスタメンとして全試合に起用しました。楠本は低弾道のキックが魅力的な選手で、ボールを取ったすぐ後に低弾道キックを行う事でカウンター、そして裏のスペースに直接ボールを蹴り込む事が出来ます。しかし、まだ経験不足からなのか判断力の甘さで失点のピンチを招いてしまう事もしばしばあります。ただ、ここは試合にどんどん起用されていけば必ず改善していける事だと思います

ルーキーとして桐蔭横浜大学から佐々木俊輝など5人を加入しました。ルーキーの中でも1番の活躍を見せたのが佐々木でした。主に右サイドのディフェンダーミッドフィルダーとしてプレーしていました。ドリブルによる突破力が魅力的な選手です。彼のドリブルで何度も得点を演出したり、佐々木自らもここまで5得点の活躍。優勝の大きな力となりました

今年もキャプテンを務めた鈴木は守備の面もさる事ながら、今年は攻撃で積極的にペナルティーエリアの少し外までドリブルで持ち込んだり、ミドルシュートを放ったりして攻守ともに大活躍でした

松本は昨年引退された糸数選手のプレーをみているかのようでした。試合で目立つことはあまりないけど、パスの受け手、出し手としてHondaのパスサッカーの要と言っていい活躍でした。『とりあえず松本に預ければ大丈夫』みたいな感じで安定感のある動きでした。鈴木が攻め上がる時にディフェンスが1人になってしまうので松本がディフェンスのカバーによく入っていました

栗本は公式記録を是非みて欲しいです。本人の得点は4点ですが、公式記録を見るとほとんどのゴールに栗本が絡んでいる事がわかります。まさに『Hondaの心臓』の異名に相応しい活躍でした

昨年よりツエーゲン金沢から期限付き移籍により加入した大町は昨年の入団時に比べて著しく成長したので正直、昨年で帰ってしまうのかな?と思ったのですが今年もHondaでプレーしてくれました。ステージ終盤で怪我をしてしまいましたがここまでリーグトップの12得点、チーム得点の約3分の1をあげる大活躍でした

古橋は土壇場でのいぶし銀の活躍でチームを優勝に導きました。あと、試合中、センターサークル付近までポジションを下げてパスの受け手、出し手になったりもして攻撃力を高めました


この他にも素晴らしい動きを沢山の選手が見せてくれました。全選手、監督、コーチ、それをサポートするマネージャー、スタッフ、そしてサポーターの力で勝ち取った優勝だと思います。ここからは1試合ごと結果などを見ていきたいと思います。対戦結果は勝ちなら◯、負けなら×、引き分けなら△


第1節 ラインメール青森戦◯ 3-1

今年のJFL開幕戦となったこの試合。昨年と同じ開幕カードです。昨年は2-2で引き分けてしまいましたが今年は3-1で勝利する事が出来ました。ルーキーの遠野がいきなりベンチ入り、途中出場し三浦からのクロスにジャンピングヒールシュートで合わせたのは鮮烈でスケールの大きさを感じさせてくれたのが印象に残っているサポーターの方も多いと思います。青森の得点が手にあたっての得点であった為、井幡監督が異議により退場、鈴木も同じく異議によりイエローカードを提示されてしまいました。1度は同点にされたものの計15本のシュートを放ち3-1で勝利しました

第2節 FC今治戦△ 0-0

第2節は今季よりJFLに昇格し、岡田武史氏のチームという事で何かと話題になったFC今治とアウェーでの対戦となりました井幡監督が前節の退場により出場停止の中、関コーチが監督を務めました。ルーキーの日高と佐々木がベンチ入り、途中出場しました合計17本ものシュートを放つも0-0で引き分けとなりました

第3節 奈良クラブ戦◯ 2-0

第3節の相手は奈良クラブ。188センチのルーキー池松、2年目の渡邊がスタメンで出場します。佐々木が途中出場で都田デビューを飾りますが、ラフプレーでイエローカード、ドリブルの際に手を広げた際に手が相手の顔にあたり故意ではないのは両チームの選手サポーター、審判も分かっていたのですが明らかなイエローカードのプレー。これにより2枚目のイエローで退場、ある意味衝撃的なデビュー戦となりましたがチームは栗本、久野のゴールにより2-0で勝利しました

第4節 東京武蔵野シティFC戦△ 1-1

第4節の相手は勝てないでお馴染みの武蔵野。前半ロスタイムに失点。後半、松本のゴールで1点返すも結果は1-1。今年もアウェーて勝ちを掴めなかった

第5節 栃木ウーヴァFC戦◯ 6-0

今季初の大量得点となったこの試合。佐々木が自らのドリブルで貰ったPKを決めてルーキー初得点、佐々木自身のJFL初得点を記録。原田も途中出場ながら2得点を決めた。21本のシュートを放ち6-0で大勝となった

第6節 ヴィアティン三重戦◯ 2-1

アウェーで今季よりJFLに昇格したヴィアティン三重と対戦。先制を決められるも大町のPKで同点。85分に大町の土壇場でのゴールで2-1で勝利しました。尚、この試合で日高はチームトップの6本のシュートを放ったようです

第7節 FCマルヤス岡崎戦◯ 3-1

マルヤス岡崎とホームで対戦。試合開始直後から引いて守り続けるマルヤスにHondaは富田、大町のゴールでリードします。後半に入るとマルヤスが攻勢に。キーパーのポジョニングミスを見逃さなかったマルヤス盛礼良選手に決められますが後半ロスタイムに土屋がゴール。3-1で勝利となりました

第8節 MIOびわこ滋賀戦◯ 6-1

アウェーで元Hondaの齋藤が所属するMIOびわこと対戦。前半に大町のゴールで1点を先制。後半に入ると日高がHondaでの初得点を記録。ロスタイムに入っても攻勢を強め続けるHondaは+1分に大町、+3分に富田が得点。この日は大町の4ゴールを記録。最後まで攻め続けたHondaが今季2度目の6得点大勝を収めた

第9節 ホンダロックSC戦◯ 2-0

Hondaダービーとなったこの試合。ホンダロックは本来DFの肝付選手をFWで起用。高さで攻めて来ます。前半に佐々木のゴールで先制。後半に入ると遠野がゴールを決めJFL初得点。ルーキーの活躍でHondaダービーを制しました。

第10節 ソニー仙台FC戦× 2-3

現在の『JFL黄金カード』ともいえるこの試合。アウェーで対戦。ソニーは前半に内野、有間の両選手の得点でリードして折り返します。後半に入ると宮内、栗本のゴールで同点にします。しかし、83分にPKにより失点。ソニーの強靭な攻撃陣を抑えることができず3失点で今季初の敗戦となりました

第11節 ヴァンラーレ八戸戦◯ 5-0

上位対決となったこの試合。実はHondaは八戸には1度も勝てていませんでした。優勝の為には勝利が必須となるこの試合。後半に大町のPKで先制すると八戸の守備陣を完全に攻略そこから4点を決め5-0で勝利しました



前編はここまでにします。後半は残りの試合とシュート数などのランキングもあります。ここまでありがとうございました

12.ジュビロ磐田戦

お久しぶりです。6月21日にヤマハスタジアム天皇杯2回戦が行われました。昨年は6年ぶりに静岡県予選を勝ち抜きベスト16にまで辿り着けました。今年はベストアマチュアシード枠という、昨年のJFLリーグ、天皇杯への選手たちのがんばりが評価され静岡県予選が免除されました。1回戦はびわこ成蹊スポーツ大学に延長3-1と勝利し2回戦に進出しました。2回戦はJ1のジュビロ磐田との対戦となりました

いつもは結果を最初に書くんですが今回は後で書きます

ジュビロ磐田とは公式戦では25年ぶりの対戦だそうです。HondaFCとジュビロ磐田はHondaのホームタウン浜松市ジュビロのホームタウン磐田市は天竜川を挟み、隣接している、そして本田技研ヤマハ発動機のライバル関係にあることから「天竜川決戦」と呼ばれています。30年以上前からHondaを見ている人も沢山います。そういった方々にとっては特に思入れ深い対戦カードだったのでは無かったかなと思います

この日は豪雨、そして強風により開催が危ぶまれましたがなんとか雨も上がってくれて試合にはさほど差支えはありませんでした

この日のスタメンは

GK清水谷

DF三浦、須藤、鈴木、細貝

MF松本、栗本、富田、佐々木、古橋

FW原田

でした。

f:id:HondaFC:20170622222437j:plain

f:id:HondaFC:20170622222506j:plain

f:id:HondaFC:20170622222530j:plain

試合が始まるとジュビロはまず様子見といったところでしょうか。なかなかボールを取りにきません。先手を取るためHondaは原田、左サイドの富田を走らせて裏を狙いにいきます。キーパーを引き付け過ぎてゴールとはなりません。その後も原田を走らせて裏を取りに行きます。何度か1対1になったのですがゴールとはなりません。PKっぽいシーンもあったのですが笛はならず。試合が進むにつれて試合はジュビロペースになります。ですがHondaは身体を張った守備で相手にゴールを決めさせません。Hondaは須藤からのロングボールに抜け出した古橋がスライディングダイレクトボレーするもシュートは枠を捉えることはできません。前半は両チーム得点無し。0-0で折り返します。シュートはHondaが3本でジュビロは4本でした

後半に入るとジュビロは攻勢に出ます。ボールを奪ったら前線まで持ち込み巧みにワンツーを繰り返しHondaゴールを脅かします。ジュビロは後半14分齋藤選手のシュートを清水谷が弾いてしまいます。そこを松本選手に押し込まれ失点。0-1。ジュビロに先手を取られてしまいます

後半20分にHondaは細貝に代わり土屋を投入。中盤の強化を図ります。

対するHondaはスルーパスに原田が抜け出しドリブルしペナルティーエリア内でファールをもらいPK。そのPKを古橋が相手キーパーの逆を突きゴール。1-1とします。この時間帯になると両チーム次第に疲れが見えてきてスペースが開いたりしてしまいます。Hondaも細かいパスミスが頻発してしまいます。決定的なピンチをなんとか招きますが全員で守りきります。対するジュビロは川又選手、アダイウトン選手を次々に投入。攻撃陣を徹底強化して勝負を決めにきます。ですがHondaは守りきり、1-1で延長となります。シュートはHondaが4本、ジュビロが6本でした


f:id:HondaFC:20170622212344j:plain

延長になると前半4分に完全に川辺選手を投入。さらに攻撃陣を強化します。延長前半はジュビロペースに。決定的なシュートを3本放たれますが清水谷によってゴールは守られます。Hondaは延長前半12分に疲れが見えていた原田に代わって遠野を投入します。前半はなんとか守りきり1-1のまま折り返します。シュートはHondaが0本でジュビロが3本でした

延長後半4分にはゴール前で足を攣ってしまいさらに怪我をしてしまった(ように見えた)古橋に代わって日高を投入。左サイドからの攻撃を徹底します。ですが試合終了が迫って来た延長後半12分に川又選手が抜け出しループシュート

。これが決まってしまい1-2。絶望的な状況に立たされてしまいます。Hondaは諦めずに体力の残っている日高、富田、遠野を中心として積極的にプレス、ボールを拾いジュビロゴールを脅かします。すると試合終了間際の延長後半15分に松本から富田へパス、富田がシュート、クロスバーに跳ね返ったところを途中出場の遠野が決め同点、2-2とします。もう1点とロスタイムに攻勢をかけますがこのまま終了。勝負はPK戦に委ねられます。シュートはHondaが3本で計10本、ジュビロが4本で計17本でした


PK戦、Honda先攻で開始されました。1本目は須藤が決めるも相手も決めて1-1。2本目は日高が蹴るもキーパー三浦選手に止められてしまいます。相手は決めて1-2。ここでも先手を取られてしまいます。3本目遠野が決めます。ジュビロアダイウトン選手のシュートを清水谷がストップ。これで2-2のイーブンに戻します。4本目を鈴木が決めます。ジュビロは松浦選手が蹴ったボールを清水谷がまたもストップ。3-2として勝利に大手をかけます。5本目、決めれば勝ちというところで栗本。栗本のシュートは三浦選手に止められてしまいます。ジュビロのシュートを止めれば勝ちというところでしたが決められてしまい3-3。サドンデス方式となります。6本目を佐々木、そしてジュビロが決めて4-4。7本目、三浦が蹴ったボールは止められてしまいます。万事休すとなってしまいます。ジュビロ中村選手が蹴ったボールを清水谷がまたもストップ。頼れる守護神がチームを救います。8本目、富田が蹴ったボールが止められてしまいます。またも万事休すとなってしまいます。清水谷に期待がかかりますが残念ながら大南選手に決められ4-5で負けてしまいました。スコアは2-2、PK4-5でした

f:id:HondaFC:20170622221658j:plain

f:id:HondaFC:20170622221749j:plain

〜総評〜

ベストアマチュアシード枠の名に恥じない素晴らしい試合だったと思います。正直、117分に決められて120分に遠野が劇的同点弾を決めてPKになった時、流れ的に、正直勝ったと確信してしまいました。僕自身、そこの甘さは反省してます。先手、先手を取るジュビロはさすがJ1だなといった試合でした。ですが、アマチュアの意地、Hondaの意地をしっかりと見せつけられた良い試合だったと思います。鈴木がスポーツ紙のインタビューに『決定力の差』と答えていました。反省を怠らないあたりは流石キャプテンだと思います。運動量が一切落ちない富田は流石でしたね。原田も記録的にはシュート0本だったけど積極的に裏を狙い、PKまで獲得できて素晴らしい仕事だったと思います。負けてしまいましたが、本当に見応えある良い試合でした。JFLだとほとんどのチームがHondaに対して引いて守るのでこういった展開にはソニー仙台戦くらいにかならなりません。こういうドキドキ感こそがスポーツの最大の魅力だと僕は思っています。結果は残念だったけど試合としては100点満点です。Hondaのポゼッションスタイルもしっかりと見せつけられたと思ってます。PKを4本も止めたジュビロのキーパー三浦選手は凄いですね。でも、清水谷も3本止めました。PKは本当にプレッシャーのかかるものだと思います。そこで3本も止められるというのは守護神だからこそ為せる技なのでしょう。今年の天皇杯は終わってしまいましたが。来年もまたチャンスがあります。また、ジュビロ磐田と対戦したり、他のJリーグチームに勝てるように頑張って欲しいです。僕も応援し続けます。25日にはJFLファーストステージの最終節が行われます。Hondaは勝てばファーストステージ優勝が決定します。JFLのネット配信チャンネルで生中継されます。大分での試合になりますので現地に行かれない方は是非そちらでご覧ください。2ステージ制になって3シーズンが終わり4シーズン目になりますが未だに成し遂げられていないファーストステージ、セカンドステージの両ステージ優勝し、リーグを完全優勝する事を目標に頑張って貰いたいです。

本当に惜しい試合でしたが負けてしまったので仕方ありません。

すごく面白い試合を見れて良かったです。Hondaに勝利したジュビロ磐田、そしてJFLで唯一勝ち抜いたヴァンラーレ八戸、今後の天皇杯で厳しい戦いが今後待ち受けているかもしれませんが頑張って下さい

Hondaは絶対日曜日、ヴェルスパ大分勝利してファーストステージ優勝を決めましょう!

次回のホームゲームは7月8日土曜日 JFLセカンドステージ第1節 MIOびわこ滋賀都田サッカー場、18:00キックオフです。次回からナイターゲーム、そして土曜日です。お間違えのないようにお気をつけ下さい。そして、開門前から並ばれる方々、非常に暑くなると思われるので熱中症には十分お気をつけ下さい

今一度HondaFCの選手の頑張りに拍手を送りたいです。

最後までありがとうございました

11.ブリオベッカ浦安戦

お久しぶりです。本日都田サッカー場にてJFLファーストステージ第14節ブリオベッカ浦安戦が行われました。結果は2-0でHondaは勝利しました。2位のソニー仙台が引き分け、もしくは負けで優勝というところでしたが1-1で迎えた90+3分に勝ち越しゴールを決めて勝利。この結果優勝は最終節への持ち越しとなりました

いつもの通りこのブログに書いてある時間は公式記録に準拠してあります

f:id:HondaFC:20170618175355j:plain

本日のスタメン

GK楠本

DF鈴木、須藤、細貝、佐々木

MF富田、松本、栗本、土屋

FW原田、古橋

f:id:HondaFC:20170618175427j:plain

また、この試合でHondaFC背番号6 須藤壮史選手がJFL通算100試合出場を達成しました

f:id:HondaFC:20170618175749j:plain

奥様とお子様から花束を受け取りました。また、ブリオベッカ浦安の矢部選手もJFL通算100試合出場を達成しました

須藤選手、矢部選手おめでとうございます


〜試合内容〜

始まるとペースは終始Hondaに。浦安も決して引いて守るわけではなかったのでパスコースは多くできていて大量得点も期待できそうな内容でした。ですが、決定的なところまで行くも相手ディフェンスの足や身体を張った守り、シュートを打っても枠外に飛んでいってしまい得点を挙げる事が出来ません。Hondaは右サイドバックの佐々木を前線の真ん中にあげポストプレー気味に、鈴木はドリブルで崩したり、ゴール付近に入りパスを促進させていきます。このままだと須藤のワンバックになってしまう為、いつも通り鈴木が上がると本来鈴木がいるスペースに松本が下がって入り、相手のクリアボールなどを拾います。前半43分に栗本から富田へパス、富田が原田に向けたクロスを相手選手がクリア。それが佐々木の足下へそして佐々木がゴール左隅へボレー気味に決め先制。Hondaは攻め続けるも前半は1点止まりで1-0で折り返します。シュートはHondaが6本、浦安が2本でした

後半になってもペースはHondaのまま。後半13分に栗本がゴールラインを割るギリギリのところで粘りを見せてグラウンダーのクロス、これが中央に居た選手達をすり抜け佐々木へ。これを佐々木がダイレクトで決めゴール2-0。佐々木はこの試合2点目。佐々木はノリに乗って積極的にゴールをドリブルで狙っていきます。しかし、シュートを放つもののゴールとはならず。Hondaは後半25分に久野、36分に川嶋、41分に日高を投入しますが決定力を欠き、ゴールが決まることはありませんでした。試合は佐々木の2得点により2-0で勝利。シュートはHondaが11本の計17本、浦安が2本の計4本でした

f:id:HondaFC:20170618183633j:plain

f:id:HondaFC:20170618183608j:plain


〜総評〜

もっと点を取って欲しかった。浦安が引かなかったので中盤、ゴール前にはかなりのスペースが出来て得点機は何度もあったと思います。でも、勝ったので良しですね。大町がベンチにも居ませんでした。前節のケガがまだ治ってないのでしょうか?水曜日にはジュビロ戦があるので天皇杯キラーの大町が居ないのは厳しくなりそうですね。大阪戦、流経大戦で上手くいってなかった川嶋をベンチにして、須藤をスタメンにした監督の采配は良かったと思います。川嶋の売りは守備の安定感だと僕は思っているのでその安定感を取り戻してもらうためにも休息が必要だと思います。今日は全体的にかなりの前がかりでグラウンダーより少し弾道が高い、野球で例えるとラインドライブ的弾道の速いクロスが沢山見受けられました。今日は監督の中で何か試したかったのでしょう。古橋があんまり目立たなかった印象です。いつもなら下がってきてパスの起点ともなるのですが今日はそれもあんまり見られなかったです。佐々木はやっと戦術的な意味でなくチームの雰囲気に適応できてきたのかな?と思います。得点決めた時も感情を表に出すようになりましたし、ラインダンスが終わった後、日高選手とハイタッチもしてました


〜本日のMOM〜

今日は2得点の佐々木俊輝選手にしたいと思います。ドリブルでも崩したりポストプレーにも適応したりとかなり良い仕事をしてくれたと思います。今季の得点を5とし、得点ランキングでも10位タイに浮上しました


〜その他〜

6月21日(水)天皇杯2回戦 ジュビロ磐田(ヤマハスタジアム/19:00KO)

6月25日(日)JFLファーストステージ第15節(最終節) ヴェルスパ大分(大銀サA/13:00KO)


HondaFC優勝の条件

ソニー仙台は次節、武蔵野シティ戦が土曜日に試合が行われます。Hondaはヴェルスパ大分戦が日曜日に行われます

ソニー仙台が次節で引き負けor負け→大分戦の結果に関係なく優勝

Hondaが勝ち→ソニーの結果に関係なく優勝

Hondaが引き分け→ソニー勝利し得失点差でHondaを上回れば(現在の得失点差の差はHondaが8上回っている)ソニーの優勝

Hondaが負け→ソニーが勝ちならばソニーの優勝

引き分けなければほぼ間違いなくファーストステージの優勝は確定するでしょう。とにかく負けないことが大事ですね。水曜日は天皇杯2回戦もあります。昨年は大快進撃だったのは事実ですがJ1を破ってはいませんJ1に勝ってこその真のジャイアントキリングの長だと思うので勝ってほしいです。天竜川を挟み近くの町同士であり本田技研ヤマハ発動機のライバル同士でもありこの対決は『天竜川決戦』と呼ばれています必ず天竜川決戦を制して3回戦へ進出、チーム目標でもある天皇杯優勝を目指して選手と共にサポーターの皆さん達とも共に戦っていければいいと思ってます


リーグ戦は一旦休んで気分は天皇杯へ。HondaFCへのご声援よろしくお願いします。天皇杯当日は是非、ユニフォームやタオルなど赤いものを身に付けてヤマハスタジアムでもHondaサポーターは付いているぞと選手に安心感を与えられる応援ができたら嬉しいです。最後まで読んでいただきありがとうございました